初級からの日本語スピーチ

関西国際センターが外交官・公務員を対象とした日本語研修で使用してきた日本語教材(口頭表現指導用教材)です。
このテキストは、初級レベルの成人日本語学習者が「自分や国、社会、文化に関する特定の話題について、まとまった話ができるようになること」を目的としています。また学習の過程で「特定の話題について質問に答えることで、口頭能力を伸ばす」「効果的な発表のための技術を身につける」ことができるように構成されています。
KCでは、このテキストを使った「スピーチクラス」のほか、研修のタイプに合わせて様々なアレンジを行っています。

書籍データ

タイトル:初級からの日本語スピーチ ―国・社会・文化についてまとまった話をするために―
Speech for Basic Level Japanese: for organized oral presentation of one's country, culture, and society

価格:本体2,100円 CD付+税
商品コード:ISBN:4-89358-564-9
【購入・お問い合わせ】
株式会社凡人社
Amazon.co.jp


内容

本書の構成 Step 1:基本的なスピーチの構成 Step 2:より複雑なスピーチの構成
ねらい 意味のまとまりの意識化
(情報を列挙する単純な展開パターンを学びます)
より複雑な談話形成のための準備
(より複雑な談話形成につながる展開パターンを学びます)
目次 What is a good speech?
  1. まつり
  2. 地理・民族・宗教
  3. 私の仕事
  4. 観光
  5. 歴史
  6. 私の国と日本の関係
  7. 結婚
  8. 産業と貿易
  9. 経済と人々の生活
  1. 対比する「習慣の違い」
  2. 因果関係1「教育の問題」
  3. 変化を説明する 「日本(日本人)のイメージ」
  4. 分析する「人間関係」
  5. 因果関係2「社会問題」
  6. 出来事を語る「いやな体験」
Something important!

教材の概要・使い方の例は、スライドをご覧ください。


speech_workshop.pdf(PDF805KB)



ページの先頭へ