ブログ

国際交流基金が開発、運用している日本語学習のためのプラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp/ 以下、「みなと」)は、2018年11月15日、一般社団法人e-Learning Initiative Japanが主催する第15回日本e-Learning 大賞にて「eIJ Global賞」を受賞しました。日本e-Learning大賞は、eラーニングを活用した優れたコンテンツやサービス、ソリューションを表彰する賞です。

KCHP画像.png

「みなと」は、世界でも他に類を見ない、日本語学習に特化したeラーニング・プラットフォームで、様々なタイプ・レベルのオンラインコースで日本語が学べるだけでなく、コミュニティ機能を通じて世界の仲間と交流することもできます(詳細はこちら)。

「みなと」の利用者は、2018年11月初旬に5万人を超え、180か国・地域から登録されています。これは、日本語教育機関調査(国際交流基金・2015年)で日本語教育の実施が確認できている137か国・地域を大幅に上回る数であり、政情不安なイラクやシリアといった国、通学型の学習が非常に難しい辺境地や都市部から離れた地域も含まれます。ユーザーのうち、「みなと」で初めて日本語を学んだ人が全体の約6割を占めていることと重ね合わせると、従来の対面型・通学型の講座ではアプローチできなかった人々への学習機会の提供に成功しているといえます。

今回、「みなと」がeIJ Global賞をいただけたのは、様々な制約から日本語学習機会を得られなかった多くの人々に機会を提供することで、日本語人材の育成や、日本の友人を増やすことに貢献してきた点が評価されたものと考えます。これからも引き続き、「みなと」を通して日本と世界をつなぐ場を提供していきます。

●「JFにほんごeラーニング みなと」:http://minato-jf.jp/

11月23日(金・祝)、関西国際センター研修生支援協議会との共催で、今年で21回目を迎える「ふれあい交流祭り」を開催いたしました。

午後1時に関西国際センターホールで開会式が行われた後、田尻町嘉祥寺青年団による、威勢のいいだんじり囃子が披露され、研修生や来場者の皆さんは普段なかなか間近で見られないお囃子をそれぞれに楽しみ、「ふれあい交流祭り」が華やかに始まりました。

1-1.png

今年も、多くのゆるキャラに来場いただきました。参加いただいた田尻町の「たじりっち」、泉佐野市の「消し玉君」、阪南市の「はなてぃー」、泉南市の「泉南熊寺郎」、岬町の「みさきーちょ」、南泉州観光キャンペーン推進協議会の「なすびん」の紹介がおこなわれ、「ふれあい交流祭り」の間、中庭などで子どもたちが駆け寄って握手をしたり、写真撮影する来場者の方の姿も見られました。

ゆるキャラ紹介に続いて研修生が各国の民族衣装を着てレッドカーペットを歩く恒例のファッションショー「田尻コレクション」が開催されました。研修生が登場するたびに会場から大きな声援が沸き、研修生に各国の「こんにちは!」などを披露してもらうと観客の皆さんも応えてくださり、今年も大いに盛り上がりました。

2-1.png

センター内の教室や中庭では、支援協議会各団体による様々な催しが行なわれました。居合道、茶道、書道、着付けといった日本の伝統芸能の体験から、お手玉作り、工作、折り紙、ヨーヨー釣りなどの遊びや泉州検定紹介が行われました。また、大阪府国際交流財団によるフィリピン、ベトナム、オーストラリア、エジプトのお国紹介やそれぞれの国の遊び等の体験教室がホールで開催され、来場者の皆様が興味深そうに耳を傾けたり、楽しそうに過ごしている様子が見られました。

3-1.png

研修生が運営する自国紹介ブースにも、多くの方にお越しいただきました。国旗や地図、工芸品などの自国の品々を並べたり、音楽や動画を流したり、なかには国の飲み物や試食品を配るなど、自分の国を知ってもらえるよう工夫をこらしたブースを作っていました。 日々学習に励んでいる日本語を使って地域の方とお話しできてよかった!という声や自分の国を紹介できるいい機会となってうれしかったという声も聞かれました。

4-1.png5-1.png

今年も、当日の開催のために、長い時間をかけてご準備・実施してくださった関西国際センター研修生支援協議会関係者の皆様、誠にありがとうございました。ご来場いただいた皆様にも楽しんでいただけたとしましたら幸いです。

国際交流基金関西国際センターでは、今年も、関西国際センター研修生支援協議会との共催で、「ふれあい交流祭り」を開催します。

当日は、各国からの研修生による自国紹介ブースのほか、関西国際センター研修生交流支援協議会加盟団体により、ヨーヨー釣り、書道、折り紙、茶道、着付などのブースが出展されます(無料で参加できます)。

また、各国の民族衣装によるファッションショー、居合道体験発表会などのイベントなども行われます。

今年は21回目を数えます。是非、皆様お誘い合わせの上、ご来場ください!

>>チラシ表紙.pdf(PDF 392KB) チラシ裏.pdf (PDF 592KB)

>>【2018.11.23】バス時刻表.pdf (64.0KB)

開催日時:

平成30(2018)年11月23日 (金・祝) 13:00-16:00

開催場所: 国際交流基金 関西国際センター
住所: 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北3-14
最寄駅:

JRおよび南海電車「りんくうタウン駅」または南海電車「吉見ノ里」駅
 *「りんくうタウン」駅から当センターまでは無料のシャトルバスを運行。
 *駐車場あり(当日は込み合うことが予想されます)。

入場料: 無料
センター主催イベント:

●研修生による自国の紹介ブース
色々な国から来ている研修生達がポスターや衣装、写真などを展示し、
自国の紹介を行います。

お問合せ先: 関西国際センター教育事業チーム(担当:免田(めんだ))
TEL:072-490-2601 FAX:072-490-2801

日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp 以下、「みなと」)に「まるごと(A2-4)日本語オンラインコース」を新たに開講しました。

本コースは、日本語と日本文化をまるごと学びたいという人におすすめの「みなと」のメインコースです。

インタラクティブなeラーニング教材で、コミュニケーションのための日本語(聞く、話す、読む、書く)を総合的に学ぶことができます。

このコースは、まるごとA2-3(かつどう・りかい)自習コースの次のレベルのコースです。

コースについての詳細は、こちら

ページ画像.png

日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp 以下、「みなと」)において開講している「まるごと日本語オンラインコースA2-1, A2-2」の解説言語にインドネシア語が新たに追加されました。

本コースは、日本語と日本文化をまるごと学びたいという人におすすめの「みなと」のメインコースです。インタラクティブなeラーニング教材で、コミュニケーションのための日本語(聞く、話す、読む、書く)を総合的に学ぶことができます。

無題.png

コースについての詳細は、以下の各ページをご覧ください。

まるごとA2-1(かつどう・りかい)自習コース

まるごとA2-2(かつどう・りかい)自習コース

コースの受講登録は、こちら

日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp 以下、「みなと」)に

「まるごと(A2-3)日本語オンラインコース」を新たに開講しました。

本コースは、日本語と日本文化をまるごと学びたいという人におすすめの「みなと」のメインコースです。

インタラクティブなeラーニング教材で、コミュニケーションのための日本語(聞く、話す、読む、書く)を

総合的に学ぶことができます。

このコースは、まるごとA2-2(かつどう・りかい)自習コースの次のレベルのコースです。

このコースについての詳細は、こちら

A2-3_1.pngA2-3_2.png

連想イラストとゲームで漢字を楽しく学べるアプリとして好評の「KANJI Memory Hint 1」「KANJI Memory Hint 2」に続く、「KANJI Memory Hint 3」をリリースしました!

ウェブサイト「まるごと+ 初級2(A2)」の漢字連想イラスト(Memory Hint)を活用して開発したアプリです。

初級レベルの学習者におすすめです。

ダウンロード情報

以下のウェブページからダウンロードできます。(無料)

▼iOS

https://itunes.apple.com/us/app/id1401093144?l=en&ls=1&mt=8

▼Google Play Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.jfkc.KanjiMemoryHintApp.En3&hl=en

▼Amazon

http://www.amazon.com/gp/mas/dl/android?p=jp.jfkc.KanjiMemoryHintApp.En3

詳しくはこちらをご覧ください。

無題.png

ページの先頭へ