ブログ


国際交流基金関西国際センター設立20周年記念イベントの1つとして、専門日本語研修(文化・学術専門家)修了生による講演会および交流会が、2017年12月16日(土)に関西国際センターホールで開かれました。

これまで関西国際センター(以下、センター)で学んだ研究者や大学院生、司書などの文化・学術専門家の研修修了生と、現在滞在中の2017年度専門日本語研修(文化・学術専門家)6ヶ月コースの参加者、そして研修参加者をいつもサポートしてくださっている近隣の方々など、合わせて約60名が参加し、和やかに交流を楽しみました。

センターの内田康子教育事業チーム長の開会の辞に続き、2011年度同研修修了生のマヌエル氏(メキシコ)より「センターが本当の家のように感じた」という挨拶があり、全員が温かい気持ちになって、会は始まりました。

次に、センター20周年の成果として、図書館の浜口、畠中両司書から出版された修了生たちの著作、翻訳などをまとめた「研修参加者の著作400冊」パンフレットの紹介がありました。ホール内には、実際の本も数多く展示されていて、休憩時間には多くの参加者が手にとって眺めていました。

続いて参加者を代表して2016年度同研修修了生の趙益常氏(韓国)が、「マンガの森で出会った『奈良の森には』」というタイトルで講演を行いました。『奈良の森には』というマンガは、4人の韓国女性が主人公で、大阪、神戸、京都、奈良という関西を代表する町を旅する話です。趙氏は、ストーリーに沿って自らの研究とセンターでの経験を重ね、さらには外国、異文化の経験の意味を振り返るとともに、聞き手がそれぞれのセンターでの経験の意味を再考できるように導いてくれました。

休憩を挟んだ後、現役の研修参加者が修了生に対して、現在の活動、センターでの思い出をインタビューするという形式で交流が始まりました。和やかな笑い声に包まれる雰囲気の中、まとめとして「センターのいいところ」「センターへのリクエスト」について、各グループからスマートフォンで送られた意見が、中央のディスプレイ上に次々と表示されていくという趣向で、センターでの生活や経験で得たことを共有しました。

最後に1997年度、つまりセンターの初年度の研修に参加した姜泰雄氏(韓国)が、懐かしい思い出と未来への気持ちを込めた挨拶を行い、閉会しました。

002.JPGのサムネイル画像017.JPGのサムネイル画像








 
    講演会には約60名が参加                   机に並べられた研修修了生の著作

011.JPGのサムネイル画像022.JPGのサムネイル画像
 開会の挨拶をするマヌエル氏(メキシコ)                講演する趙益常氏(韓国)

035.JPGのサムネイル画像044.JPGのサムネイル画像
 和やかな雰囲気のインタビュー交流                 閉会の挨拶をする姜泰雄氏(韓国)


今年、国際交流基金関西国際センターは設立20周年を迎えました。設立20周年を記念して、各界で活躍中の専門日本語研修(文化・学術専門家)修了生による講演会を開きます。今回の講演者は、20年前、1998年春の研究者・大学院生4ヶ月コースに参加した2名です。現在の専門業務や、研修参加から得た人の縁、地の縁について語っていただきます。どなたでも参加できますので、奮ってご参加ください。

日時:2018年2月24日(土)13:30-16:00
場所:関西国際センターホール
参加費:無料
内容:
1.「関西国際センター研修参加者の著作400冊」の紹介
2.講演者紹介:研修参加の思い出から現在の業務まで
3.講演
 講演テーマ(1): アジア文化交流拠点としての都市
  
講演者:李彦墉(イ・オンヨン)氏
  大韓民国 大統領直属 4次産業革命委員会 事務官
  平成9年度 専門日本語研修(研究者・大学院生)4ヶ月コース 修了生

 講演テーマ(2): 北東アジアの国際関係:北朝鮮の諸問題
  
講演者:孫賢鎮(ソン・ヒョンジン)氏
  広島市立大学広島平和研究所 准教授
  平成9年度 専門日本語研修(研究者・大学院生)4ヶ月コース 修了生


・お申込方法

下記の項目を明記の上、電子メールでお申し込みください。
(1)お名前(フルネームでお願いします。)
(2)お名前のフリガナ
(3)ご職業/ご所属
Eメール:CA6_Kansai@jpf.go.jp
※申込締切 2月22日(木)


国際交流基金関西国際センターは1997年5月に開設され、今年設立20周年を迎えました。20年の間、当センターの日本語研修参加者は修了後にさまざまな分野で活躍しており、修了生が執筆した本や論文、漫画の翻訳などが数多く図書館に寄贈されました。その数は400冊を超え、今現在も増え続けております。今回、20周年を記念して著作リスト(パンフレット)を作成しました。研修修了者の活躍をぜひご覧下さい。

パンフレットはこちら(Web公開用に画質を落としております)


関西国際センターは、来る平成30年2月3日(土)、4日(日)に第25回ワン・ワールド・フェスティバルにブース出展いたします。ブースでは、国際交流基金及び関西国際センター、アジアセンター、京都支部の事業紹介のほか、Eラーニングサイトの実演・紹介も実施します。どなたでも参加できますので、奮ってご参加ください。

日時:平成30年2月3日(土)、4日(日)10:00 - 17:00
場所:大阪市北区民センター他
参加費:無料
http://www.interpeople.or.jp/owf/

※ワン・ワールド・フェスティバルは、毎年大阪で開かれる西日本最大の国際協力イベントです。市民に広く国際協力・交流の大切さを訴え、多様な団体による活動を通じて国際協力の現状を伝えることを主たる目的として、外務省の協力のもと、国際協力機構(JICA)など、国際協力・交流に携わっているNGO/NPOや政府機関、国際機関、地方自治体、教育機関、企業など様々な機関が連携・協力して実施しているものです。1993年から始まり、今年で25回目を迎えました。

関西国際センターでは、2016年7月から日本語学習のためのプラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと(https://minato-jf.jp/)」を運用しています。「みなと」では、オンラインコースで日本語が学べ、コミュニティで世界中の仲間と交流できます(詳細はこちら )。

この度、表示言語「英語」「日本語」版に加え、「スペイン語」「中国語」「インドネシア語」「タイ語」「ベトナム語」版を新たに追加しました。画面右上から言語を選択することができます。


みなと言語選択.png

■□まるごと(A1-1、A1-2)日本語オンラインコース□■

「まるごと日本語オンラインコース」は、日本語と日本文化を総合的に学習できる、「みなと」のメインコースです。同コースの入門レベル(A1-1、A1-2)に、「中国語」「ベトナム語」が加わりました。

<かつどうコース> 気軽に勉強したい人のためのコース

「中国語A1-1」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGKS_A101_CH01

「中国語A1-2」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGKS_A102_CH01

「ベトナム語A1-1」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGKS_A101_VI01

「ベトナム語A1-2」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGKS_A102_VI01

<かつどう・りかいコース> しっかりと体系的に勉強したい人のためのコース

「中国語A1-1」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGRS_A101_CH01

「中国語A1-2」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGRS_A102_CH01

「ベトナム語A1-1」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGRS_A101_VI01

「ベトナム語A1-2」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_MGRS_A102_VI01

「英語」「スペイン語」「インドネシア語」「タイ語」も開講中です。

まるごと1.pngまるごと2.png

■□アニメ・マンガの日本語A1(あいさつ)自習コース□■

アニメ・マンガに興味のある日本語未習者やA1(入門期)レベルの学習者対象の本コースに、「インドネシア語」「タイ語」「ベトナム語」が加わりました。

「インドネシア語」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_ANMS_A100_ID01

「タイ語」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_ANMS_A100_TH01

「ベトナム語」https://minato-jf.jp/CourseDetail/Index/KC17_ANMS_A100_VI01

「英語」「スペイン語」「中国語」も開講中です。

アニメA1(インドネシア)キャプチャ.pngアニメA1(タイ)キャプチャ.png

11月23日(木・祝)、関西国際センター研修生支援協議会との共催で、今年で20回目を迎える「ふれあい交流祭り」を開催いたしました。

午後1時に関西国際センターの中庭で開会式が行われた後、大阪体育大学JASPERSメンバーによる「チア・リーダー」が行われ、来場者は皆、歓声を上げて見守りました。

2.jpg1.jpg

今年も、田尻町の「たじりっち」、阪南市の「はなてぃ」、岬町の「みさきーちょ」、泉南市の「泉南熊寺郎」のキャラクターたちも来場していただき、各キャラクターの紹介のあと、場所はホールに移り、研修生が各国の種々の民族衣装を着てレッドカーペットを歩く恒例のファッションショー「田尻コレクション」が開催されました。各国の「こんにちは!」を研修生に披露してもらうと観客の皆さんもそれに応えておおいに盛り上がっていました。今年はファッションショーに続いて「マカナニ・リノ・フラスタジオ」のみなさんによるフラダンスも披露され、美しくゆったりした踊りと音楽に来場者の方々は見ほれていました。

4.jpg3.jpg

センター内の教室では、支援協議会の各団体による居合道や茶道、書道、着付けといった日本の伝統芸能の体験・実演から、折り紙、うちわに字を書く体験、プラ板つくり、ヨーヨー釣りなどの遊び、能面展示と創作の実演や泉州検定紹介、大阪府国際交流財団によるオーストラリア体験コーナーといった多種多様なブースが出展され、地域の皆様や研修生が楽しそうに過ごしている様子が見られました。

6.jpg5.jpg

8.jpg7.jpg

研修生が運営する自国紹介ブースにも、多くの来場者がいらっしゃいました。限られたスペースでしたが、動画や写真、自国の品々を並べ、研修生が熱心に質問に答えたりお話ししていました。日本の方に自分の国を知ってもらえてうれしかった!という研修生も多く、さらに日々学習に励んでいる日本語を実践で使用する良い機会ともなりました。

10.jpg9.jpg

12.jpg11.jpg

今年は当センター設立20周年を迎え、これまで支援協議会の皆様、地域の皆様に支えられ、研修生と交流する機会を多く頂戴しました。「関西国際センターと地域の交流」と題してささやかな壁面展示を行い、研修生をホームビジットとして家庭に受け入れてくださった皆様や研修生からのコメントを掲示いたしました。

14.jpg13.jpg

※「いただいたコメントについては<こちら>をご覧ください。」

今回の開催のために、多くの時間と労力をかけてご準備いただき、共催いただいた関西国際センター研修生支援協議会の皆様、誠にありがとうございました。ご来場いただいた皆様も楽しんでいただけたとしましたら幸いです。

今年、国際交流基金関西国際センターは設立20周年を迎えました。設立20周年を記念して、これまで関西国際センターで学んだ研究者や大学院生、司書などの文化・学術専門家の研修修了生による講演会と現役の研修参加者をまじえての交流会を開きます。どなたでも参加できますので、奮ってご参加ください。

日時:2017年12月16日(土)13:30-16:00
場所:関西国際センターホール
参加費:無料
内容:
1.「関西国際センター研修参加者の著作400冊」の紹介
2.代表講演
講演者:趙益常(ジョ・イクサン)氏
    漫画評論家、延世大学大学院博士課程(韓国)
    平成28年度専門日本語研修(文化・学術専門家)6ヶ月コース修了生
講演タイトル:漫画の森で出会った「奈良の森には」
3.グループセッション
日本での研究や活動、センターの日本語研修についての意見交換

※事前受付は行いませんので、当日は直接お越しください。

【ご連絡・お問い合わせ先】
国際交流基金関西国際センター
教育事業チーム 担当:山元
E-Mail:CA6_Kansai@jpf.go.jp
Tel:072‐490‐2601

『まるごと 日本のことばと文化』シリーズ最後の1冊となる中級2(B1)が刊行となりました。この刊行を記念し、セミナーを開催いたします。

『まるごと』中級(B1)は、実際の場面でのコミュニケーションを想定したとき、それができるようになるためには授業で何をすることが必要なのか、という考えから出発した教材です。

このセミナーでは、簡単なワークを取り入れながら、実際の場面でのコミュニケーションを目指した中級の授業のあり方を執筆者自ら紹介いたします。また、質疑応答の時間もたっぷりと設け、皆様からの質問にお答えいたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

教室から外の世界へつながる日本語教科書

すべて答えます!『まるごと 中級2』刊行記念セミナー

・日時 2018年2月3日(土)14:00-16:30

・会場 国際交流基金関西国際センター ホール

〒598-0093大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北3-14 アクセス

・講師 磯村一弘・藤長かおる(国際交流基金日本語国際センター)

・定員 70名(事前申込制・先着順)

・使用言語 日本語

・受講料 無料

・お申込方法

下記の項目を明記の上、電子メールでお申し込みください。

(1)お名前(フルネームでお願いします。)

(2)お名前のフリガナ

(3)ご職業/ご所属

Eメール:event@marugoto.org

*メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。

申込締切 2月1日(木)正午

※12月3日に東京で開催したセミナーと同じ内容となります。

国際交流基金関西国際センターでは、今年も、関西国際センター研修生支援協議会との共催で、「ふれあい交流祭り」を開催します。

当日は、各国からの研修生による自国紹介ブースのほか、関西国際センター研修生交流支援協議会加盟団体により、ヨーヨー釣り、書道、折り紙、茶道、着付などのブースが出展されます(無料で参加できます)。

また、各国の民族衣装によるファッションショー、居合道体験発表会などのイベントやチアリーディング、フラダンスなども行われます。

今年は20回目を数えます。是非、皆様お誘い合わせの上、ご来場ください!

>>ふれあい交流祭り2017チラシ.pdf(PDF 1.10MB)

>>【2017.11.23】バス時刻表.pdf (PDF 52.0KB)

開催日時:

平成29(2017)年11月23日 (木・祝) 13:00-16:00

開催場所: 国際交流基金 関西国際センター
住所: 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北3-14
最寄駅:

JRおよび南海電車「りんくうタウン駅」または南海電車「吉見ノ里」駅
 *「りんくうタウン」駅から当センターまでは無料のシャトルバスを運行。
 *駐車場あり(当日は込み合うことが予想されます)。

入場料: 無料
センター主催イベント:

●研修生による自国の紹介ブース
色々な国から来ている研修生達がポスターや衣装、写真などを展示し、
自国の紹介を行います。

お問合せ先: 関西国際センター教育事業チーム(担当:免田(めんだ))
TEL:072-490-2601 FAX:072-490-2801

日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp 以下、「みなと」)に「まるごと(A2-2)日本語オンラインコース」を新たに開講しました。

本コースは、日本語と日本文化をまるごと学びたいという人におすすめの「みなと」のメインコースです。 インタラクティブなeラーニング教材で、コミュニケーションのための日本語(聞く、話す、読む、書く)を総合的に学ぶことができます。

このコースは、まるごとA1-1,A1-2,A2-1(かつどう・りかい)自習コースの次のレベルのコースです。

コースについての詳細は、〔こちら

                                                                                 

まるごと1.pngまるごと2.png

ページの先頭へ