よくある質問と回答 - 日本語を学ぶ皆さまへ

Q1.国際交流基金には、どんなプログラムがありますか。

国際交流基金では、日本語国際センター(埼玉県さいたま市)と関西国際センター(当センター)にてさまざまな日本語教育に関する研修を行なっています。どのような研修があるかについては、それぞれのホームページを参照してください。
日本語国際センター http://www.jpf.go.jp/j/urawa/
関西国際センター http://www.jfkc.jp/


Q2.国際交流基金の研修に参加したいのですが、どうしたらいいですか。

国際交流基金では、日本語国際センター(埼玉県さいたま市)と関西国際センター(大阪府田尻町)にてさまざまな日本語教育に関する研修を行なっています。参加者を公募しているプログラムについては、公募プログラムガイドラインをご覧ください。プログラムによって、申請資格(国内・海外、個人・機関など)、申請締切、申請受付回数が異なりますので、ご留意ください。


Q3. 日本語教師になりたいのですがどうしたらいいですか?

とくに決まった方法はありませんが、国内では現在次の三つの方法があります。

  1. 日本語教師養成講座に通い、理論と実践を学ぶ。
  2. 日本語教育能力検定試験に合格して、就職活動に役立てる。
  3. 大学・大学院の日本語教育専攻で学び、卒業資格を得て、実践する。

Q4.日本で日本語学校に通いたいのですが、紹介してもらえますか?

国際交流基金は特定の日本語学校を紹介・斡旋することはしていません。
全国日本語学校データベースなどを参考にしてみてください。


Q5.日本に留学したいのですが、留学を支援するプログラムはありますか?

留学支援プログラムはありませんが、日本学生支援機構のページなど参考に。

独立行政法人 日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/ 


Q6.日本のマンガや書籍を無料で送っていただけますか?

関西センターでは無料で書籍やマンガを送る事業は行っておりません。


Q7.日本語能力試験について知りたいのですが・・・

日本語能力試験は日本国内では国際教育協会、海外の実施については国際交流基金試験センターが担当しています。以下のリンクをご参照ください。

日本語能力試験 http://www.jlpt.jp/


Q8.関西センターの図書館に日本語の教科書はありますか?

センター図書館では日本、日本文化に関するさまざまな書籍(和書、洋書)を蔵書しておりますが、日本語教授法に関する本や日本語の教科書は基本的には扱っておりません。日本語国際センターにお問い合わせ下さい。

日本語国際センター http://www.jpf.go.jp/j/urawa/


ページの先頭へ