地域の皆さまへ

アニメ・マンガのオノマトペ

国際交流基金関西国際センター日本語教育研修会
アニメ・マンガのオノマトペ

関西国際センターでは、日本語教育関係者及び一般の方々を対象に、日本語教育研修会を実施しています。

2011年7月15日、平成23年度第2回公開講座『アニメ・マンガのオノマトペ』を関西国際センターホールにて行いました。講師は国際交流基金関西国際センターの川嶋恵子専門員と同センター非常勤講師のジェームズ・スチュアート・ジョーンズ先生です。両氏は関西国際センターの「アニメ・マンガの日本語」Webサイト制作にも携わっています。

講座では、「アニメ・マンガの日本語」のコンテンツを例に、オノマトペの特徴やアクティビティが紹介されました。また、サイト制作者・学習者という視点から、日本語の中のオノマトペの難しさや面白さが語られました。

当日は、地域のボランティアの方々や日本語教師、大学院生など幅広い聴衆の方々約50 名が参加されました。講座では、実際にアニメやマンガで用いられるオノマトペを体感しながら、参加者間で語感の相違などを意見交換しながら進められ、改めて日本語の音、言葉を楽しまれているようすでした。また、ジェームズ先生からは翻訳者としてオノマトペを翻訳するときの難しさについて、そして学習者として、オノマトペがわかるようになってから日本語の世界が広がったという話には、皆さん興味深そうに聞き入っていました。

講座後のアンケートでは、「オノマトペを学ぶ意義を改めて考えた」「学習者からの視点・意見はとても参考になった」「アクティビティやウェブサイトを参考にしたい」といった声が聞かれました。

公開講座_オノマトペ.pdf

公開講座オノマトペ配布資料.pdf

ページの先頭へ