研修参加者からのアドバイス

Q1. センターの研修ではどんなことをしますか。

研修の内容は、コースによって違います。ホームページの各研修の説明をよく読んでみましょう。
日本語の授業はいくつか段階があるので、自分のレベルに合った授業を受けることができ、自分の長所、短所が分かるようになります。また、授業で練習した言葉や文法を実際に使ってみるきっかけが頻繁にあります。
日本語の授業のほかにもホームステイや研修旅行、文化体験など、日本人の生活や日本の伝統的な文化を自分で見ることができます。


Q2. 研修の詳しいスケジュールを、事前に知ることができますか。

研修開始2-1ヶ月前には、アンケートなどと一緒に、研修内容や準備しておくことなどについて書いた資料が送られます。その説明をよく読んでください。
もしわからないことがあったら、研修の担当者にメールや電話で問い合わせることができます。英語でもだいじょうぶです。
土曜日と日曜日は、基本的に授業がありません。しかし、研修によっては、研修旅行やホームビジットなどの文化・社会プログラムを行うことがあります。
何もプログラムがない土日や、平日の授業の空き時間は自由行動ができます。


Q3.センターの日本語授業はどのような授業ですか。

日本語授業は研修によって違います。
長期コースは、文法や漢字など日本語の基礎的な学習から、スピーチや発表などの専門を意識した授業があります。短期コースでは、ディスカッションをしたりインタビューをしたりなど、日本語の運用を意識した授業があります。
すべてが系統的に組織されていて、先生方はさまざまな文化的背景を持つ参加者の指導に優れていらっしゃいます。
学習相談がある場合は、どんな方法で勉強を続けるかということなど、日本語学習全般についてチューターと相談することもできます。


Q4.センターの生活はどうですか。

センターには私たちの学習をサポートするいろいろな設備があります。センターの図書館は小さいですが、日本中から資料を集めることができるので、役に立つ資料をたくさん見つけることができます。
自習室にはコンピュータがあり、インターネットを使うことができます。
センターの近くには、コンビニやスーパー、100円ショップがあります。自転車に乗ることができれば、もっといろいろなところに買い物に行けます。忘れたものがあっても、すぐ買いに行けます。
最寄り駅まではシャトルバスが出ているので、駅まで行くのに便利です。
日本の生活は、もちろん自国の生活とは違うので、困ったことがあるかもしれません。でも、センターの先生とスタッフはとても親切で、困ったことや質問があれば、必ず助けてくださいます。また、センターの周囲は静かで環境がよく、勉強に集中することができました。
また、センターでは世界中の友達を作ることができ、お互いの国の情報を交換するチャンスがあるので、とても有意義な生活ができるはずです。


Q5. 日本に何を持っていったらいいですか。

皆さんの先輩は、以下のようなもの持ってきたら役に立つと言っています。

  • いつもよく使っている薬や、日本では買いにくい香辛料や食べもの
  • ノート型パソコン(自分の部屋でもインターネットが使えます)
  • いつも使っている辞書
  • ホームビジット先や、お世話になった日本人に渡すためのおみやげ(小さくて軽いもの)
  • 自分の国や文化を紹介するための写真や地図、音楽CD、民族衣装など
  • IDカードや名刺
  • 長期研修の場合は、パーティなどのためのフォーマルな服

また、買い物をしたり、週末に出かけるためのお金は持ってきてください。
日本の物価については、インターネットで調べたり、知っている人に聞いておきましょう。


Q6.研修に参加する前に、どんな準備をしたらいいですか。

来日前に、関西国際センターから送られてくる資料やメールをよく読みましょう。また、日本の生活について調べておくことが必要です。また、もちろん来日前に日本語を復習しておけば、研修がもっと役に立ちます。
研究者のひとは、きちんと研究の準備をして、研究予定をよく考えておけば、日本での滞在時間をもっと効率的に使うことができます。日本に着いたら急に忙しくなるので、来日前にインタビューしたい人などに連絡しておいたほうがいいでしょう。


Q7.センターの生活について、いいアドバイスはありますか。

日本語がわかったら、センターの研修参加者とも交流しやすくなるし、たくさんの日本人とも友達になることができます。日本に滞在中は、なるべく母語を使わずにたくさん日本語を話すようにしたらどんどん上手になると思います。それから、日本でいろいろな食べ物や活動を体験したら良い時間を過ごせるだろうと思います。時間があるときは、センターから出かけて、自分の目で日本を発見することをおすすめします。センターの生活の一分一秒を楽しんで、活用してください。


ページの先頭へ