ニュース

外交官・公務員研修生 パナソニック株式会社を訪問

2012年4月13日(金)

関西国際センターで日本語を学んでいる世界34カ国から集まった外交官・公務員研修生たちが松下幸之助歴史館とパナソニックセンター大阪を訪問しました。

 

DLGL PANASONIC01-1.JPG松下幸之助歴史館では、恩田幸敏副館長に、創業の歴史や松下幸之助氏の経営理念について、教えて頂きました。
常に顧客を第一に考え、人々の生活に役立つ商品を提供することに心血を注いだ松下幸之助氏のリーダーシップのもとで、人々の生活を豊かに変えたパナソニック・グループの事業展開、そして、「生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること」を使命とし、社会改革や指導者の育成にもあたった松下幸之助氏の理念に、研修生たちは感銘を受けていました。

DLGL PANASONIC01-2.jpg DLGL PANASONIC01-3.jpg 

DLGL PANASONIC02-1.JPG DLGL PANASONIC02-2.JPG 

その後、バスで京橋OBPにあるパナソニックセンター大阪へ移動。同社主催(ホスト 高橋克実 海外渉外総括参事)の交流会では、パナソニック株式会社の社員の方々と交流しました。2018年の創業100周年に向けて、エレクトロニクスNo.1の「環境革新企業」実現を目指し、「持続可能な社会への転換」というグローバルな課題に取り組んでいるパナソニック株式会社のビジネス・パーソン達との交流会で様々な情報交換を行いました。

DLGL PANASONIC03-1.JPG DLGL PANASONIC03-2.JPG DLGL PANASONIC03-3.JPG 

DLGL PANASONIC04-1.JPG DLGL PANASONIC04-2.JPG DLGL PANASONIC04-3.JPG 

交流会の締め括りに、研修生を代表して、アルメニア共和国の外交官、モニカ・シモニャンさんが、日本語でお礼のご挨拶。続いて、パナソニックセンター大阪企画・展示チームの石田智始チームリーダーから、豊かなグリーンライフスタイルを提案するパナソニック株式会社のコンセプト「eco ideas」と最新作を展示しているパナソニックセンター大阪の活動についてご紹介いただきました。

 

DLGL PANASONIC05-1.JPGDLGL PANASONIC05-2.JPGその後、パナソニックセンター大阪を見学。 
家庭でのエコライフを推進する「暮らしまるごとスマートライフ」のコーナーでは、「省エネ」性能を徹底的に高めた家電製品をはじめ、「創エネ」・「蓄エネ」、それらを家まるごとで賢くコントロールする「スマートエナジーゲートウェイ・SEG」という考え方や商品について紹介いただきました。
冷蔵庫等白物家電もリサイクル利用し、ゴミを発生させない循環システムを構築しているというスタッフの説明に、
研修生一同、感銘を受けていました。  

DLGL PANASONIC06.JPGさらに、「スマートAVライフ」コーナーでは、テレビを見ながらインターネットができ、テレビ電話やインターフォン、携帯電話と連動させることができる「つながるTV」システムを体感。3Dテレビのコーナーでは、躍動感溢れるデモ映像に、みな、圧倒されていました。

 

人々の生活向上のために、さまざまなアイデアを提供しているパナソニック株式会社の活動に接し、研修生たちは、日本の技術力やエコ先進国としての取り組みを実感することができました。非常に有意義な機会を提供いただきましたパナソニック株式会社の皆さまに心からお礼申し上げます。

 

DLGL PANASONIC07.JPG  

 パナソニックホームページへはこちら
 松下幸之助歴史館ホームページへはこちら
 パナソニックセンター大阪ホームページへはこちら


ページの先頭へ