ニュース

和歌山大学「JAPAN STUDY」に関西国際センター研修生が参加しました!

 

国際交流基金は効果的かつ効率的な事業運営のため、外部機関との連携強化を進めています。
関西国際センターと国立大学法人和歌山大学は、国際文化交流の推進ならびに国際的に活躍できる人材を育成することを目的とし、2012年6月1日に連携協定を締結いたしました。

本連携協定に基づき、同学とは、同学講義に当センターの文化・学術専門家研修の研修生に聴講の機会を与えていただくなど、活発な交流活動を行ってきております。  

 同学は、昨年に続き、本年度も「JAPAN STUDY」の科目を開講しました。同科目は日本文化を理解し、自己の価値観を持つ力を涵養することを目的に、日本文化を創る各分野から一流の講師を毎回招き開講されているものです。

 今回は、6月28日(金)に開かれた、吉田和生様(公益財団法人文楽協会)による「伝統文化(文楽)」講義に当センター文化・学術専門家研修2ヶ月コースの研修生40名が参加しました。

 今回の講義では、文楽人形遣いの第一人者の一人である吉田和生様(大阪文化祭賞、国立劇場文楽賞文楽優秀賞ほか、受賞多数)より文楽の由来からはじめ、文楽で使われる人形の仕組み、そこに溶け込んでいる日本の伝統文化まで、文楽に関する幅広いお話を伺うことができました。

JapanStudy0628-1.jpg

JapanStudy0628-2.jpg

 特に講義中は吉田玉勢様、吉田和馬様との三人で実際に人形をどう動かすのかを見せていただいた後、人形に触らせていただいたり、人形の相手役を経験させていただいたりするなど、普段では中々見られない場面を見せてくださいました。

JapanStudy0628-3.jpg

JapanStudy0628-4.jpg

JapanStudy0628-5.jpg

JapanStudy0628-6.jpg

 また講義の最後では、質疑応答の時間を設けていただき、和歌山大学の学生及び当センター研修生からたくさんの質問がありました。そのうち、当センター研修生からの質問とそれに対する吉田和生様の回答をご紹介いたします。

JapanStudy0628-7.jpg

Q:なんで文楽を仕事にしようと思いましたか?
A:文楽をみて面白そうと思ったのがきっかけです。文楽に惹かれているとき、師匠から研究生にならないかとお誘いがあったので文楽を始めるようになりました。文楽を始めてから今年で47年目となります。

Q:海外で文楽公演をすることはありますか?
A:もちろん海外で文楽公演を行うことはたくさんあります。今月ならインドネシアのジャカルタ、そして今年の9月、10月にはスペインのマドリード、フランスのパリ(※)での公演を予定しています。

※吉田和生様が今回言及された文楽公演のうち、欧州公演は、国際交流基金が主催する「杉本文楽 曾根崎心中 欧州公演」となります。詳細については、こちらをご覧下さい。 

http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1305/05-05.html  

Q:毎回同じメンバーで出演しますか?
A:公演毎に人形の各パーツを誰が担当するのか発表されるので、毎回同じメンバーで公演をするわけではありません。

JapanStudy0628-8.jpg

 講義聴講後は、和歌山大学の学生と一緒に昼食を食べながら交流する時間を設けました。テーブル毎に話が盛り上がり、とても賑やかな雰囲気となりました。また、文化・学術専門家研修の研修生だけあって、交流会中に大学生にインタビューをし、自分の研究に必要なデータを集める者もいるなど、大変有意義な時間になりました。

JapanStudy0628-9.jpg

JapanStudy0628-10.jpg

JapanStudy0628-11.jpg

 最後には、和歌山大学の学生の方々と一緒に同学のキャンパスツアーを行いました。同年代の学生の方々が率いてくださったおかげで研修生からも質問がしやすかったようで、キャンパスツアー中は、「和歌山大学で一番人気のある学部はどこですか?」「和歌山大学はいつ建てられましたか?」など色々な質問が飛び交っていました。

JapanStudy0628-12.jpg

JapanStudy0628-13.jpg

 今回の訪問では、研修生にとって文楽という日本の伝統芸能に深く勉強する機会になったと共に和歌山大学の学生との交流によって同年代の日本人と日本語でコミュニケーションをする大変貴重な機会となりました。

 

 今回のJAPAN STUDYの講義聴講を許可してくださった和歌山大学の皆様、大学生の皆様、そして文楽について有意義なお話をしてくださった公益財団法人文楽協会の吉田和生様、吉田玉勢様、吉田和馬様に改めまして深くお礼申し上げます。

JapanStudy0628-14.jpg

 

和歌山大学ホームページ  www.wakayama-u.ac.jp/
公益財団法人文楽協会ホームページ  http://www.bunraku.or.jp/

国際交流基金主催「杉本文楽 曾根崎心中 欧州公演」ご案内 
http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1305/05-05.html


ページの先頭へ