ニュース

「国内大学連携大学生訪日研修(夏季)」研修生が大阪大学を訪問:関西国際センターと大阪大学との連携協定事業が2年目を迎えました!

 

国際交流基金は効果的かつ効率的な事業運営のため、外部機関との連携強化を進めています。

2013年7月31日(水)、国内大学連携大学生訪日研修(夏季コース)に参加中の14カ国・地域の研修生39名は大阪大学箕面キャンパス(大学院言語文化研究科、外国語学部、CJLC(日本語日本文化教育センター))を訪問させていただきました。

関西国際センターと大阪大学大学院言語文化研究科、外国語学部、CJLC(日本語日本文化教育センター)は、国際文化交流の推進ならびに国際的に活躍できる人材を育成することを目的とし、昨年度(平成24年度)連携協定を締結。本訪問プログラムは、関西国際センター研修生の日本の大学への留学に対する関心を惹起するとともに、日本と海外の大学間の連携を支援することを目的に、総合的・包括的な大学紹介・大学生交流をご実施いただいているものです。

(参考ニュース)http://www.jfkc.jp/ja/news/2013/01/post-89.html 

 

今回の訪問は、この連携協定に基づく第2年次事業の初回にあたるものですが、大阪大学の学生の皆様によるキャンパスツアーから始まり、大学クラブ活動・文化紹介、学生食堂での昼食、留学案内、そして大阪大学学生向けに開講している正規一般講義の受講まで、大変充実した時間を過ごさせていただきました。研修生の「一日阪大生体験」を以下にご紹介いたします。

 

大学到着後、大阪大学のボランティア学生の方々と合流し、学内を案内して頂きました。猛暑の中、今回もたくさんの学生さんに集まっていただき、お互いの国のことなどを話しながらキャンパスを歩きました。  

OsakaUniv0731-1.1.JPG OsakaUniv0731-1.2.JPG

ツアーの途中には、合気道部と邦楽部にもお邪魔し、練習を見学させて頂きました。迫力ある演奏と演技に、研修生は思わず感嘆の声をあげたり、拍手をしたりしていました。  

OsakaUniv0731-2.1.jpg OsakaUniv0731-2.2.JPG

次に、日本語教育を専攻する学生の方々による「教科書には載っていない日本文化紹介」を見せていただきました。今回、1.『流行りに敏感な日本人』、2.『日本人男性の恋愛の仕方』、3.『「きっちり」大好き日本人』の三本立てで、今日の日本人にしばしば見られる少し面白い特徴を、それぞれの日本語のキーワードが外国人にも理解できるような絶妙な寸劇にして披露してくださいました。会場は大盛り上がりでした。この文化紹介は大阪大学で10年以上代々先輩から引き継がれ、日本語教育の一環として海外の学校で公演されてきたもので、今回発表くださった皆さんは今年の春にタイ、インド、ブータン等の国々で発表して来られたそうです。

OsakaUniv0731-3.1.jpg OsakaUniv0731-3.2.jpg

「日本人は流行りが大好きです!」            “肉食男子”と”草食男子”を紹介    

OsakaUniv0731-3.3.jpg

「キッチリ」が行き過ぎるとどうなるか…     

 

続いて、学生食堂に移動して、グループ毎に昼食を楽しみました。先の文化紹介について等、話題は尽きません。研修生にとっては、日本の大学の食堂で食事することも初めての体験。「安くて美味しいです!」と好評でした。

OsakaUniv0731-4.1.JPG OsakaUniv0731-4.2.JPG

 

午後最初のプログラムは、留学案内でした。大学院言語文化研究科の院生武田素子さんの進行のもと、はじめに、同研究科院生の竹内智美さんより、大阪大学について紹介していただきました。大阪大学は学部学生数で国立大学の中でトップを誇り、世界中から多くの留学生が集まっています。

OsakaUniv0731-5.1.jpg OsakaUniv0731-5.2.JPG

続いて、現在箕面キャンパスで学ぶ3人の留学生の方々よりお話を伺いました。
インドネシアのデビさんは2年前に当国際交流基金関西国際センターの訪日研修に参加したことをきっかけに日本留学を決意。大阪大学の魅力的なプログラムと、また大阪に戻りたいという気持ちから、大阪大学を留学先に選ばれたそうです。他に韓国のベクさん、タイのサランヤーさんより、それぞれの体験談をお話いただき、研修生は大変刺激を受けたようです。

OsakaUniv0731-6.1.jpg OsakaUniv0731-6.2.JPG

OsakaUniv0731-6.3.JPG OsakaUniv0731-6.4.jpg

また、CJLC(日本語日本文化教育センター)センター長の岩井康雄教授、大学院言語文化研究科の真嶋潤子教授からも、歓迎のお言葉を頂戴しました。最後に研修生を代表して、イタリアのイラさん(ベネチアフォスカリ大学)がお礼のご挨拶。「留学に挑戦したいという気持ちになりました」と意気込みを聞かせてくれました。

OsakaUniv0731-7.1.JPG OsakaUniv0731-7.2.JPG

OsakaUniv0731-7.3.JPG

その後、この日最後のプログラムとして、大学院言語文化研究科の堀川智也教授による特別講義「世界の言語と日本語」を日本人学生の中に入って受講させていただきました。「キッチリ」と「ちょうど」の違い、日本語の敬語の語源、日本語の助詞「に」が持つ特異性など、興味深い講義に研修生は皆真剣に耳を傾けました。また、授業後半では、川端康成の雪国の一文をその英文翻訳と読み比べ、その違いを日本人学生と一緒に議論しました。

OsakaUniv0731-8.1.jpg OsakaUniv0731-8.2.JPG

OsakaUniv0731-8.3.JPG OsakaUniv0731-8.4.jpg

 

ご協力いただきました大阪大学箕面キャンパスの皆様、本当にありがとうございました!

OsakaUniv0731-9.JPG

 

(ご協力)
 大阪大学 http://www.osaka-u.ac.jp/ja

Logo2_Osaka_Univ.jpg

 

(関連記事)
 大阪大学と国際交流基金は平成25年1月17日に連携協定を締結させていただいております。
  http://www.jfkc.jp/ja/news/2013/01/post-89.html 


ページの先頭へ