ニュース

大阪泉州の和菓子店「むか新」本部工場を訪問いたしました!

 

 国際交流基金関西国際センターでは、自治体や企業、教育施設など、外部機関と幅広く連携し、効率的で効果の高い事業の実施に努めています。

 平成25年8月16日(金)、関西国際センターで訪日研修(大学生・夏季)に参加している海外大学生(11カ国34名)が、泉佐野市羽倉崎にある大阪泉州の和菓子店「むか新」本部工場を訪問いたしました。

 「むか新」は明治25年に「御菓子司 向新本店」として創業した由緒ある和菓子店で、堺、貝塚、河内長野、泉北、泉南、岸和田、熊取、阪南など直営17店舗による営業を行っているほか、泉州独特の名産品であるむらしぐれや、「むか新」独自の開発製品は関西国際空港内の各種売店・インターネット店舗でも扱われており、地元大阪だけではなく日本各地にもファンが広がりつつある人気のブランドです。

Mukashin0816-1.1.jpg 

 研修生は、まずは白衣・白帽を着用し、小野康史工場長のご案内で工場へ。工場入り口ではローラーで髪の毛を取るなど徹底した衛生管理が行われています。

 工場内では和菓子だけでなく洋菓子も次々に効率よくてきぱきと作られていきます。

Mukashin0816-4.1.jpg Mukashin0816-4.2.jpg

 工場見学後は、研修生は「むか新」のお菓子をいただきながら、ビデオ上映にて「むか新」のお菓子作りを学びます。

Mukashin0816-5.1.jpg Mukashin0816-5.2.jpg

 そして「むか新」向井新社長をお迎えしてのQ&Aセッションです。研修生からは、工場見学の際に衛生管理施設を見て、衛生管理基準はどのくらい厳しいのか、海外での販売の有無、製品海外販売価格などといった質問が続き、向井社長、小野工場長からご丁寧なご回答を頂戴いたしました。
 向井社長、小野工場長からも「海外でこれらのお菓子は売れると思いますか」といった質問を頂戴し、また向井新将常務取締役様、イギリスからご帰国中の向井社長ご家族様にもご同席いただき、たいへん楽しいQ&Aセッションとなりました。

Mukashin0816-6.jpg

 

 今回お世話になりました向井社長、向井常務、小野工場長、岸本清弘社長室長はじめ「むか新」の皆様、誠にありがとうございました。

Mukashin0816-7.1.jpg Mukashin0816-7.2.jpg

 

むか新 会社案内ウェブサイト
http://www.mukashin.com/04_company/foundation.html


ページの先頭へ