ニュース

大阪ガス生活誕生館DILIPA・大阪ガス泉北製造所・ガスの科学館を見学しました!

 

国際交流基金関西国際センターでは、 自治体や企業、教育施設など、外部機関と幅広く連携し、効率的で効果の高い事業の実施に努めています。

2013年12月14日(土)

国際交流基金関西国際センターでは、公益財団法人大阪ガス国際交流財団(OGFICE)より委託を受け、財団が招聘するインドネシア大学修士課程日本地域研究科の学生に日本語教育を行っています。今般、OGFICEのご協力を得て、当該学生と、日本語学習者訪日研修(大学生/秋季)の研修参加者は大阪ガスの施設を見学させて頂きました。

午前中は、大阪ガス生活誕生館DILIPAを訪問させていただきました。初めに、OGFICE専務理事の中島 浩様とDILIPA館長の秋月 悟様より、歓迎のお言葉をいただいた後、早速施設内をご案内いただきました。大阪ガス生活誕生館DILIPAは、最新のガス機器やシステムを実際に見て、触って、体感、そして相談できる住まいのショールームで、その規模は西日本最大級です。今回の見学では、マイホーム発電システム、太陽光とのW発電システム、最新のガスコンロ機器、ミストサウナと浴室暖房乾燥機、床暖房システム等を、分かりやすくガイドして頂きながら、体感、学習しました。優れた環境性と経済性、そして快適さを備えた最新の製品の数々に、研修生は大変感心した様子でした。キッチンエリアでは、パネルの表示や、光、音声で、お料理が出来上がるまで導いてくれる最新のISセンサー付ガスコンロで、ラスク作りを体験させて頂きました。

1gasu.JPG 2gasu.JPG

3gasu.JPG 4gasu.JPG

5gasu.JPG 6gasu.JPG

午後は、大阪ガス泉北製造所へ移動し、泉北製造所第二工場と、併設するガス科学館を訪問させて頂きました。はじめに、大阪ガス・ガス科学館館長の田井 高宏様より、大阪ガスとLNG(液化天然ガス)についてご講義いただきました。泉北製造所は、LNGを原料に都市ガスを製造する大阪ガスの主力工場で、敷地面積は100万平方キロメートルと世界有数の規模です。田井館長のご講義では、都市ガスの製造フロー:海外での天然ガス採掘から、液化、輸送、貯蔵、気化、熱量調整・付臭、ガス供給まで、大変分かりやすくご説明くださいました。LNGに馴染みの無い国の研修生は、「天然ガスを-160℃に冷やし液体にすることで、体積が600分の1になり一度に大量のガスを輸送できること」や、「気化する際は海水の水温で気体に戻すこと」等、今回新たに知って、大いに感動しました。また、天然ガス産出国で、大阪ガスのLNG導入先第一位国でもあるインドネシアの研修生や、同じ天然ガス産出国でも液化せず気体をそのままエネルギー利用しているウクライナ・ハンガリーの研修生にとっても大変興味深かったようで、皆ご講義に聞き入っていました。

7gasu.JPG 8gasu.JPG

9gasu.JPG 10gasu.JPG

講義後には、バスに乗って、実際に泉北製造所第二工場内を見学させて頂きました。タンカーやLNGタンクを見ながらクイズ形式で説明をして下さり、研修生はLNG都市ガス製造についてより理解を深めることができました。

続いて、ガス科学館にご案内いただきました。ガス科学館は、「地球環境の保全とエネルギーの有効活用」をテーマにした体感型の総合科学館です。今回、研修生らも、デジタル地球儀や、-196℃の液化窒素を使った冷熱実験、輻射伝熱の実験、熱気球を利用した実験、地球環境問題クイズ等々、たくさんの参加型展示物を通して、科学の不思議を体感し、楽しく、エネルギー・環境について学ぶことが出来ました。

11gasu.JPG 12gasu.JPG

13gasu.JPG 14gasu.jpg

1日の見学を終えて、最後に質疑応答の時間を設けていただき、田井館長とOGFICE中島専務理事に対して、研修生全員がひとりずつ質問・感想を発表しました。「泉北製造所で勤務する職員数とその役割はどのようなものか」といった質問や、「科学に対する大きな興味も知識も無かったが、今日はたくさん新しいことが分かり面白かった」、「エネルギーには限りがあることを再認識した。エコへの取り組みやこのような学習施設はとても大切だと思う」等、皆貴重な経験をさせていただいたことに感謝の気持ちを述べました。

15gasu.JPG 16gasu.jpg

大阪ガス国際交流財団(OGFICE)の皆様、生活誕生館DILIPAの皆様、泉北製造所及びガス科学館の皆様、本当にありがとうございました!

17gasu.JPG

18gasu.JPG

大阪ガス国際交流財団インドネシア大学生日本語研修
主催機関:
公益財団法人 大阪ガス国際交流財団(OGFICE)
http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/international/index.html 
公益財団法人大阪ガス国際交流財団(OGFICE)(理事長:酒井 孝志 大阪ガス株式会社顧問)は、天然ガス産出国である南東アジアなどの地域との相互理解を深めるため、平成4年に設立され、教育関連の助成事業を毎年行っています。(内閣府の移行認定を受け、平成22年10月より公益財団法人として活動をしています。)

OGFICE logo.jpg

ご協力:
生活誕生館DILIPA :http://home.osakagas.co.jp/showroom/dilipa_senri/index.html
大阪ガス科学館   :http://www.osakagas.co.jp/gasscience/index.html

※国際交流基金関西国際センターでは、日本語学習者訪日研修事業に関し、企業・団体様の冠スポンサー等のご支援をお待ちいたしております。(なお、規程に基づく審査がございます。)企業・団体の皆様におかれましては、是非ともご検討のほどお願い申し上げます。

冠スポンサー事業ご相談連絡先:国際交流基金関西国際センター 村田曉彦
Tel. 072-490-2600


ページの先頭へ