ニュース

李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修:韓国高校生30名がJR東日本新大久保駅で献花、赤門会日本語学校を訪問

 

国際交流基金関西国際センターでは、外部機関と幅広く連携し、効率的で効果の高い事業の実施に努めています。

平成13年1月26日、東京・JR新大久保駅で線路に落ちた乗客を助けようとして、関根史郎氏と李秀賢氏のお二人が亡くなられました。李秀賢氏は韓国高麗大学からの留学生で、日本と韓国の架け橋となるべく日本の大学院進学を目指し、日暮里にある「赤門会日本語学校」で学んでいるところでした。国際交流基金では、日韓の架け橋となるという李秀賢氏の遺志を次世代に引き継ぐため、韓国で日本語を学習し、日本及び日本文化に関心を有する青少年30名を招へいし、日本の文化、社会及び日本語への理解を深めると共に、日本の同世代の青少年との交流を図るために「李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修」を実施しています。

本事業は平成14年(平成13年度)より開始し、今回平成26年(平成25年度)で第13回目となりますが、昨年度より名称を「李秀賢氏記念韓国青少年招へい」から「李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修」に変更いたしました。また、より高い研修効果を得るため、赤門会日本語学校と特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会の全面的なご協力を得て、同じく昨年度より東京での日程に赤門会日本語学校訪問を新たに追加させていただきました。

平成26年1月13日(月・祝)、韓国全土から選抜された高校生30名が羽田空港に到着し、その足で献花・黙祷のためJR東日本新大久保駅(阿部久志駅長)へ向かいました。同駅には、亡くなられた関根史郎氏と李秀賢氏の2名を追悼・顕彰するプレート(日本語・韓国語2ヶ国語)が設置されています。

(プレート日本語文面)
カメラマンの関根 史郎氏、韓国人留学生の李 秀賢氏は、2001年1月26日午後7時15分頃、新大久保駅において線路上に転落した男性を発見し、自らの身の危険を顧みず救助しようと敢然と線路に飛び降り、尊い命を落とされました。両氏の崇高な精神と勇敢な行為を永遠にたたえ、ここに記します。
東日本旅客鉄道株式会社

               li1.jpg

               li2.jpg

JR東日本新大久保駅職員の皆様の全面的なご協力を得て、多数の乗降客のご利用時間中にも関わらず、韓国高校生30名は落ち着いて無事献花・黙祷を終えることができました。

翌平成26年1月14日(火)、韓国高校生30名は、日暮里にある赤門会日本語学校(新井時賛理事長)を訪問いたしました。同校では、新井理事長や在学当時李秀賢氏に英語を教えられた田中展子先生から生前の李秀賢氏のお人柄に触れるエピソードをお伺いし、また、特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会の寺井宣子事務局長、鈴木様ほかの皆様からもいろいろなお話をお伺いすることができました。

               li3.jpg

               li4.jpg

               li5.jpg

               li6.jpg

               li7.jpg

東京での日程を終了した後、韓国高校生30名は関西国際センターにて1月25日(土)まで研修を行う予定で、その間に大阪府立佐野高等学校、立命館大学国際関係学部、駐大阪韓国文化院を訪問いたします。

JR東日本新大久保駅の皆様、赤門会日本語学校の皆様、特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会の皆様、多大なご支援ご協力を賜り、誠にありがとうございました。

 [平成25年度李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修]
ご協力機関:
東日本旅客鉄道株式会社、赤門会日本語学校、特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会、大阪府立佐野高校、立命館大学国際関係学部、駐大阪韓国文化院

※プレス・リリース(1月8日)(PDF/306KB)


ページの先頭へ