ニュース

李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修:
関西での研修の様子をお伝えします〈1〉

 

国際交流基金関西国際センターでは、外部機関と幅広く連携し、効率的で効果の高い事業の実施に努めています。

 

平成13年1月26日、東京・JR新大久保駅で線路に落ちた乗客を助けようとして、関根史郎氏と李秀賢氏のお二人が亡くなられました。李秀賢氏は韓国高麗大学からの留学生で、日本と韓国の架け橋となるべく日本の大学院進学を目指し、日暮里にある「赤門会日本語学校」で学んでいるところでした。

 国際交流基金では、日韓の架け橋となるという李秀賢氏の遺志を次世代に引き継ぐため、韓国で日本語を学習し、日本及び日本文化に関心を有する青少年30名を招へいし、日本の文化、社会及び日本語への理解を深めると共に、日本の同世代の青少年との交流を図るために「李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修」を実施しています。今年で13回目となる今回の研修は、1月13日から実施され、去る25日、無事に研修生30名全員が研修の全課程を修了し、韓国に帰国いたしました。

 本研修の東京研修(1月13日-15日)の様子をhttp://www.jfkc.jp/ja/news/2014/01/30-1.htmlでご紹介しておりますが、今回の記事では東京研修以降の研修生の活動をお伝えいたします。

 

【1月17日(金)大阪府立佐野高等学校(泉佐野市)訪問】
 まず、1月17日(金)は、本研修の長年の交流協力機関であり、研修生のホストファミリー募集にもご協力いただいている、大阪府立佐野高等学校を訪問しました。研修生は来日する前から「同世代の日本人と交流するのが一番楽しみ」、「初めて日本に来たし、せっかくの機会なので同じ歳の日本人の友達を作りたい」と、佐野高校の訪問を心待ちにしていたようです。

 L1.jpg              <佐野高校の生徒の方々が直接作られた歓迎パネル>

 

 佐野高校に着いた研修生は、6つの班に分かれ、佐野高校の1年8組と9組の生徒に向けて日本人が普段知らないような韓国事情について、日本語で発表しました。発表テーマには、韓国の高校の制服文化や高校生からみたソウルのお勧め観光スポット、若者の中で流行っている新ジャンルのマンガなど、韓国高校生だからこそ伝えられるものが多く、佐野高校の生徒たちも興味深く発表を聞いていました。

L2.jpg           <韓国の学校の制服の地域別の最新流行について発表する研修生>

 

 L3.jpg   <韓国で最近人気を集めているWEBマンガ(Webtoon)というジャンルについて紹介している研修生>

 

L4.jpg       <発表の合間には佐野高校の生徒と一緒に韓国のお正月のゲームを楽しみました。>

 

 日本人生徒への韓国発表が終わったあと、研修生は日本人生徒と一緒に実際の高校での授業を見学しました。また今回は特別に茶道部の活動を体験することもできました。

 L5.jpg<研修生の中には「抹茶」をはじめて経験する者がほとんどで「和菓子と抹茶のバランスがとてもいい」とコメントする研修生もいました。>

 

L6.jpg       <自分でお茶をたててみる研修生。上手く泡を立てることは意外と難しいようです。>

 

 授業見学後は、佐野高校の生徒会主催の歓迎会がありました。今年の歓迎会では、吹奏楽部やダンス部などの素晴らしい公演だけでなく、生徒会と研修生がそれぞれの国についての○×クイズを出し合いながら交流を深めました。研修生からは、「韓国の高校には部活というものがないのでとても新鮮に感じられた」、「日本の生徒の公演はとてもクォリティーが高い。感動した」との声があがっていました。

 L7.jpg         <生徒たちの公演に先立ち、歓迎の挨拶をしてくださった山田勝治校長先生>

 

L8.jpg<交流会には、研修生のホストファミリーの生徒だけでなく、他の生徒や先生方まで、たくさんの方々にご参加いただきました>

 

L9.jpg

 交流会のあと、研修生は各自ホストファミリーの生徒と一緒に帰宅し、1泊2日のホームステイを経験しました。研修生30人全員、日本人の家庭でホームステイをすることは初めてであり、日本人と韓国人の生活様式の違いを生で感じられる、大変貴重な経験をすることができました。

 改めまして大阪府立佐野高等学校のホストファミリーの皆様、先生方の皆様にお礼申し上げます。

 

【1月18日(土)駐大阪韓国文化院訪問】
 今年度の研修から、駐大阪大韓民国総領事館韓国文化院が本研修の協力機関に新たに加わり、研修生と佐野高校の生徒の方々のために特別見学を設けていただきました。
 今回の特別見学では、1.日本の高校及び家庭での文化を教えてくれたホストファミリーの生徒に、研修生が日本語で韓国の伝統文化について紹介するセクション、2.日本人生徒と研修生が一緒に韓国の伝統工芸品を作るセクションの2つの企画が準備されました。

 L10.jpg         <韓国の伝統楽器「チャング」を一緒に体験している日本人生徒と研修生>

 

L11.jpg          <韓国の旧正月のときにするお辞儀のやり方について教えている研修生>

 

L12.jpg              <韓国の旧正月の風習について説明している研修生>

 

L13.jpg       <韓国の伝統螺鈿工芸品を作っている研修生とホストファミリーの日本人生徒たち>

 

 今回、初となる大阪韓国文化院訪問では、研修生がお世話になったホストファミリーの日本人の生徒に、お礼の意味を込めて自国の文化を紹介すると共に、それを日本語で説明することで日本語の表現の幅を広げることができました。また、研修生にとっては改めて日本と韓国の文化を比較して学ぶ機会にもなりました。
 この度の特別見学を潔くご快諾いただきました、大阪韓国文化院の朴英恵院長並びに関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。

 L14.jpg

※なお、当センター研修生の大阪韓国文化院訪問のことを朝日新聞、産経新聞、大阪日日新聞にてご紹介いただいております。

 [大阪日日新聞:正月遊びや伝統楽器体験 日韓の高校生が交流]

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/140119/20140119036.html

 

次回の記事では、本研修の立命館大学国際関係学部訪問、発表会及び修了式・歓送会の様子をお届けいたします。どうぞお楽しみに!

 

 

●大阪府立佐野高等学校HP:http://www.osaka-c.ed.jp/sano/
 同校山田校長公式FACEBOOK:http://www.facebook.com/#!/Sano111respectforlearning
●駐大阪大韓民国総領事館韓国文化院HP:http://www.k-culture.jp/
 同院公式FACEBOOK:http://www.facebook.com/#!/kcultureosaka

 

[平成25年度李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修]
ご協力機関:
東日本旅客鉄道株式会社、赤門会日本語学校、特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会、大阪府立佐野高校、立命館大学国際関係学部、駐大阪大韓民国総領事館韓国文化院


ページの先頭へ