ニュース

「国内大学連携大学生訪日研修(冬季)」研修生が大阪大学を訪問

 

国際交流基金関西国際センターでは、自治体や企業、教育施設など、外部機関と幅広く連携し、効率的で効果の高い事業の実施に努めています。

 

平成26年3月10日(月)、国内大学連携大学生訪日研修(冬季)に参加中の13カ国の研修生32名は大阪大学箕面キャンパス(大学院言語文化研究科、外国語学部、CJLC(日本語日本文化教育センター))を訪問させていただきました。

 

関西国際センターと大阪大学大学院言語文化研究科、外国語学部、CJLC(日本語日本文化教育センター)は、国際文化交流の推進ならびに国際的に活躍できる人材を育成することを目的とし、昨年度(平成24年度)連携協定を締結。本訪問プログラムは、関西国際センター研修生の日本の大学への留学に対する関心を惹起するとともに、日本と海外の大学間の連携を支援することを目的に、総合的・包括的な大学紹介・大学生交流をご実施いただいているものです。

 

(参考ニュース)http://www.jfkc.jp/ja/news/2013/01/post-89.html 

 

今回の訪問では、大学到着後、まず大阪大学外国語学部の東明彦学部長より歓迎のご挨拶を頂戴いたしました。東学部長からは、「現代はインターネットで世界中が一瞬で繋がる時代であり、コンピューターの画面を見ているだけで世界のことが何でも分かったような気になってしまうが、実はそうではなく、実際にその場所に行ってみないと本当のことは分からない。皆さんは世界各国から実際に日本に来て日本のありのままの姿を見ることができている。これは素晴らしいことであり、是非一生懸命日本のことを学んで行ってほしい。」とのお言葉をいただきました。

H1.jpg

H2.jpg続いて、グループに分かれて大阪大学箕面キャンパスの学生の方々に学内を案内して頂きました。この日は午後に少し雪が降り寒い日でしたが、今回もたくさんの学生さんに集まっていただき、お互いの国のことなどを話しながらキャンパスを歩きました。

H3.jpg H4.jpg

 キャンパスツアーの間、関西国際センタースタッフ一同は、東明彦外国語学部長、米田信子外国語学部副学部長、長谷川信弥外国語学部副学部長、真嶋潤子教授を表敬訪問いたしました。当センター副所長村田曉彦より連携協定へのご協力への御礼を申し上げました。東学部長からは、「非常に有意義な交流であり、今後もさらなる連携に協力させていただきたい」との心強いお言葉をいただきました。皆様にはお忙しい中お時間をいただきまして本当にありがとうございました。

up1.jpg

 研修生はキャンパスツアーを無事に終え、外国語学部日本語専攻4年生の中川歩美さんの進行のもと、大学紹介及びクラブ・サークル活動について紹介していただきました。はじめに、関西国際センター研修生を代表して、韓国のイェナさん(韓国外国語大学)よりご挨拶させていただいた後、外国語学部日本語専攻3年生の三好大さんと木寺由美さんより、大阪大学について紹介していただきました。大阪大学は学部学生数で国立大学の中でトップを誇り、世界中から多くの留学生が集まっています。他に、三好さん、木寺さんの好きな授業や、留学生に日本語を教えたり、日常生活に関する助言を行うことを役割としたチューター制度等の話を交えながら、研修生にとって日本人大学生の日常と留学生としての大学生活がどのようなものかを分かりやすく説明していただき、研修生は真剣に耳を傾けていました。

H6.jpg H7.jpg

H8.jpg H9.jpg

 クラブ・サークル活動紹介では、ベリーダンスサークルHalaawaatの小井津麻衣さん、香川亜友さん、竹澤奈納さんの3名に見事なダンスを披露していただき、最後に研修生にもダンスを教えていただき一緒に踊りました。

 

 続いて、学生食堂に移動して、グループ毎に昼食です。研修生にとっては、日本の大学の食堂で食事することも初めての体験。「安くて美味しいです!」と大好評でした。また、同じ大学生同士、話題は尽きず、楽しい昼食時間となったようです。

H10.jpg H11.jpg

H12.jpg H13.jpg

 午後最初のプログラムは、留学案内でした。現在箕面キャンパスで学ぶ2名の留学生、インドネシアのオキさん、中国の李文達さんよりお話を伺いました。それぞれの体験談をお話いただき、研修生からは、留学に向けての準備から、授業や生活面等多方面にわたる留学生生活について、また、卒業後の進路についてまで質疑応答が行われ、大変刺激を受けたようです。研修生の中からは今回の訪問を通じて、「大阪大学に留学したいと思いました」という気持ちが強まったいう感想が寄せられ、留学についての情報を得ることが出来、非常に有意義な時間となりました。

H14.jpg H15.jpg

 

 その後、この日最後のプログラムとして、大学院言語文化研究科の堀川智也教授による特別講義「世界の言語と日本語」を日本人学生の中に入って受講させていただきました。日本語の敬語の語源を教わったり、川端康成の雪国の一文をその英文翻訳と読み比べ、その違いを日本人学生と一緒に議論したり、研修生は真剣な面持ちで授業に取り組みました。

H16.jpg H17.jpg

 

 最後に研修生を代表して、タイのミンさん(ブラパー大学)がお礼のご挨拶をし、今回の大阪大学訪問は終了いたしました。

H18.jpg H19.jpg

 

ご協力いただきました大阪大学箕面キャンパスの皆様、本当にありがとうございました!

up2.jpg

平成25年度国内大学連携大学生訪日研修(冬季):
韓国、中国、インドネシア、タイ、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、
米国、スペイン、スロベニア、ポーランド、ルーマニア、ロシア(計13カ国、32名)

ご協力:大阪大学 http://www.osaka-u.ac.jp/ja

 

H21.png

 

(関連記事)
大阪大学と国際交流基金は平成25年1月17日に連携協定を締結させていただいております。http://www.jfkc.jp/ja/news/2013/01/post-89.html

 

※国際交流基金関西国際センターでは、日本語学習者訪日研修事業に関し、企業・団体様の冠スポンサー等のご支援をお待ちいたしております。(なお、規程に基づく審査がございます。)
企業・団体の皆様におかれましては、是非ともご検討のほどお願い申し上げます。

 

冠スポンサー事業ご相談連絡先:国際交流基金関西国際センター 村田曉彦
Tel. 072-490-2600


ページの先頭へ