ニュース

関西国際センターと武庫川女子大学が連携協定を締結

 

関西国際センターと武庫川女子大学(兵庫県西宮市)は、国際文化交流の推進ならびに国際的に活躍できる人材を育成することを目的とし、このたび平成26年4月9日に連携協定を締結いたしました。

 

今後は、それぞれの定める規程に従い、学生、研究者、留学生等を対象とする異文化理解ならびに日本語教育に関する相互協力及び交流に関して連携協力ならびに資料の相互利用を進めることとなります。

 

連携協定締結前日の4月8日(火)には、関西国際センターで訪日研修に参加しているタイ日本語教師会のタイ人日本語教員36名が武庫川女子大学を訪問いたしました。以下、当日の模様をご報告いたします。

 

関西国際センターからバスで到着したタイ人日本語教員36名は、武庫川女子大学で日本語教員になることを目指している30名の学生にお出迎えいただき、早速昼食交流会へ。武庫川女子大学の学生食堂へ向かいます。年齢の若い教員が多いこともあってか、武庫川女子大学生は早くも研修生と打ち解けて、話題はつきません。

m1.jpg m2.jpg

 

学生食堂での昼食会終了後、多目的教室へ移動。タイの教員による日本語でのタイ日本語教師会訪日研修の概要説明をした後、8つのグループに分かれてインタビュー交流会が始まりました。

m3.jpg m4.jpg

 

タイ人日本語教員、武庫川女子大学生は8つのグループに分かれ、「タイの学習者に伝えたい日本人大学生の生活」 「タイの学習者に伝えたい日本語の情報」について時間を限りグループを交替しながら活発なインタビュー交流・意見交換を行いました。タイに帰国してから授業に役立つ情報を得ることができました。

m5.jpg m6.jpg

 

インタビュー交流会終了後、武庫川女子大学糸魚川直祐学長が交流会場にお越しになりました。研修生を代表してテイさんが挨拶をした後、糸魚川学長から大変暖かい歓迎のお言葉を頂きました。

m7.jpg m8.jpg

 

その後、タイの踊りの踊りについて、研修生のフォンさんより日本語による発表説明が行われ、タイ人日本語教師全員で披露しました。そして武庫川女子大学生も参加し全員で一緒になって踊り、大いに盛り上がりました。

m9.jpg m10.jpg

 

最後に、研修生のエールさんから糸魚川学長に記念品を贈呈致しました。

m11.jpg

 

今回の訪問をアレンジいただきました上田和子先生はじめ、お世話になりました武庫川女子大学の皆様、誠にありがとうございました。

5月には上田和子先生のゼミの皆様が武庫川女子大学から関西国際センターを訪問し、関西国際センター研修生との交流会を中心としたゼミ合宿を実施する予定です。

m12.jpg


ページの先頭へ