ニュース

大阪府クイーンズランド州日本語教員研修を実施いたしました!

 

大阪府クイーンズランド州日本語教員研修を実施いたしました! 1月5日-23日
国際交流基金関西国際センターでは、大阪府との共催でオーストラリアクイーンズランド州の小学校と高校の日本語教師4名をお迎えして1月5日から1月23日まで訪日研修を実施しました。

 

本事業のハイライトをご紹介します。

 

1月9日(金):大阪オリエンテーリング、日豪教員交流会
 大阪オリエンテーリング前日、大阪の歴史、人、町などについてのガイドや大阪の観光名所、交通などの説明を聞いたり、インタビューのための表現を学びました。それからグループごとに分かれテーマを決め、明日の行き先や日本人に聞きたい事など計画を立てました。大阪オリエンテーリング当日、研修生の皆さんは朝早くから通天閣、大阪市立動物園、大阪市立美術館、四天王寺、梅田スカイビルディングなど多くの場所を訪問しました。大阪オリエンテーリング後、大阪府立学校の英語教員との交流会を行いました。お互いの学校について紹介、教師としての関心事等、意見交換をしました。

 

1月16日(金):日新小学校訪問、1月21日(水):岸和田高等学校訪問
 泉佐野市立日新小学校を訪問しました。安部校長先生よりご挨拶をいただいた後、2年1組と2組の児童と交流しました。研修生からはオーストラリアの動物、海岸、有名な場所、小学校について紹介、児童からは合唱披露や日本の遊び等を紹介していただきました。交流した生徒たちと給食を一緒に食べ、掃除の見学をしました。休憩時間には折り紙を一緒に楽しみ、更に交流を深めました。

   また、大阪府立岸和田高校にも訪問しました。山口校長先生からご挨拶を頂き、国際交流担当の塚本先生から学校生活について説明を受けた後、英語、歴史、古典の授業を見学させて頂きました。その後、ESS所属の生徒たちとの交流会を行いました。

 

26QL1.jpg26QL2.jpg

 

関西国際センターでの日本語授業・文化体験

 

本研修では、茶道、華道、書道と計3回の文化体験を実施しました。茶道では礼儀やお茶の立て方を説明頂き、研修生自身がお抹茶を立てる経験をしました。華道では花や道具の種類、活けるときの注意点をお話頂いた後、思い思いにお花を活けました。書道では文字の種類や筆使いなどを説明頂いた後、好きな日本語を色紙に書きました。

 26QL3.jpg

研修最終日には3週間の研修のまとめを発表いたしました。3週間の研修を通して、帰国してから使えるリソース収集や日本文化や社会について新たな発見などをできたとの意見がありました。

 

1月22日(木):修了式・歓送会
   修了式では大阪府の中井国際交流監より研修生4名に修了証書を授与されました。中井国際交流監より、本研修で得た知識を活かし今後の活躍を期待するとのお言葉を頂きました。

 

 26QL4.jpg

 

 


ページの先頭へ