ニュース

平成27年度専門日本語研修(文化・学術専門家)2ヶ月コースが無事修了いたしました!

 

[協力機関]:神戸大学大学院国際文化学研究科

                  国立文楽劇場

                  和歌山大学

 

 専門日本語研修(文化・学術専門家)は、専門の研究・業務分野において、情報の収集・交換および研究成果を発信する際に必要な日本語能力の習得を目的としています。社会科学または人文科学専攻の日本研究者、同分野専攻の大学院生、図書館司書、博物館・美術館等の学芸員等が対象参加者となります。

 2ヶ月コースでは、一般的な日本語能力に焦点を当て、「話す」「聞く」「読む」「書く」の各能力の向上を図るほか、研究活動および専門業務に必要な各自の日本語ニーズに対応した授業を提供しています。また、文化体験や交流会等を行い、日本社会への理解を深めます。

 今年度は、6月10日から8月5日までの期間で実施し、11の国・地域から20名が参加しました。

 

本事業のハイライトをご紹介します。

 

日本語授業・研究活動

 研修中は論文作成やインタビューを行うための日本語を勉強しながら、各々の研究テーマに沿って自主的に研究活動を行いました。

 また、7月8日から7月11日の期間、自主研修旅行を実施し、研修生はそれぞれの研究に活用するための資料を集めるなど、各自で計画を立てて研究活動を行いました。

 研究発表会では、本研修の参加者それぞれの研究活動の成果として、パワーポイントを使ったプレゼンテーションや、ポスター発表を行いました。日本語での発表に緊張する研修生もいましたが、本番では皆、堂々とした発表ができました。発表会には、大阪観光大学の加藤素明教授および同学の学生の皆様にもお越し頂き、充実した発表会となりました。

 

27CA1.jpg27CA2.jpg

 

神戸大学大学院訪問、国立文楽劇場訪問

 7月24日(金)、神戸大学大学院国際文化学研究科の坂井一成教授および同研究科所属の大学院生の皆様のご厚意により、昨年度に引き続き同研究科と研修生10名との交流が実現しました。交流では、グループディスカッションを行い、日本での研究活動や大学院生活などについて話しました。日本の同年代の研究者と話すことができ、研修生にとっては自身の視野を広げる良い経験となりました。交流会の最後には、キャンパスツアーを行っていただき、六甲台からのすばらしい景色を楽しみました。

 

27CA4.png27CA3.jpg

 

 また、7月30日には、大阪府の国立文楽劇場に訪問しました。夏休み文楽特別講演として『きぬたと大文字』、『生写朝顔話』を鑑賞しました。また、講演前には、人形遣いの吉田勘彌様より実際に文楽で使用される人形の種類やからくりについてご説明していただき、研修生も実際に人形を動かす体験をさせていただきました。また、劇場の楽屋にもご案内していただき、劇場の舞台裏について吉田様より直々に説明をしていただきました。研修生からは「文楽を鑑賞することによって、日本伝統芸能の「美しさ」をこの目で味わい、日本人の微妙な心の動きを楽しむことができました」との声がありました。

 

27CA6.jpg27CA5.png

修了式・歓送会

 8月4日(火)に、修了式および歓送会を実施しました。

 今回の修了式・歓送会には、和歌山大学からは理事 呉海元様、参事役 竹内智子様、大阪観光大学より加藤素明教授、また本研修でお世話になったホストファミリーの方々や地域の皆様にお越しいただきました。

 

 修了式では、研修生一人一人に修了証書が授与されたあと、和歌山大学の呉様より、研修生へのお言葉を賜りました。今年度は和歌山大学訪問は残念ながら悪天候により中止となりましたが、本研修では毎年、和歌山大学で開講している特別講義「JAPAN STUDY」に参加させていただいております。

 

27CA8.png27CA7.jpg

 

 続いて、研修生代表として中華人民共和国の雷芳(ライ・ホウ)さんがスピーチを行いました。「国立文楽劇場、神戸大学大学院 国際文化学研究科、和歌山大学の皆様のおかげで、大変充実した毎日を送ることができました」と、2ヶ月間の研修を振り返りました。

 

 歓送会では、研修生の新たな門出を祝し、発表会にもお越しいただいた大阪観光大学の加藤教授より乾杯のご発声を賜りました。研修生はホストファミリーの皆様をはじめ、2ヶ月間お世話になった関係各所の方々との会話を楽しみました。

 

27CA10.jpg27CA9.jpg

 

 今回の文化・学術専門家日本語研修2ヶ月コースは、文楽協会・文楽劇場・神戸大学・和歌山大学様はじめ関係各所の多大なるご協力により、日本の人々や文化を直接理解し、将来の自身の研究活動に役立つ充実した研修となりました。

 

27CA11.jpg

 

 改めまして本研修実施にご協力いただきました、神戸大学大学院国際文化学研究科、公益財団文楽協会、国立文楽劇場、和歌山大学、文化体験講師、ホームビジットをお引き受けくださったホストファミリー、及び地域の皆様に厚くお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

 

27CA13.jpg27CA12.jpg

 

 


ページの先頭へ