ニュース

文化・学術専門家6ヵ月コースの研修生が堺市・堺市議会を訪問しました!

 

平成28年1月15日、専門日本語研修(文化・学術専門家6ヵ月コース)の研修生が堺市を訪問し、堺伝統産業会館、堺市博物館、仁徳天皇陵を視察して豊かな歴史と文化を学ぶとともに、堺市役所にて竹山市長や市議会議員の皆様と交流させていただきました。

 

ものづくりの街として知られる堺市は、大阪府内でも日本の伝統文化が最もよく保存されている都市の一つであり、日本について研究する研修生にとって、堺市訪問はとても大切な機会となっています。今年度の訪問では、堺市議会国際交流推進議員連盟に所属されている議員の方々との意見交換に加え、竹山修身市長への表敬訪問も実現することができ、いっそう貴重な一日となりました。

 

この日は最初に、堺伝統産業会館(http://www.sakaidensan.jp/)へ向かいました。同館は、堺の伝統産業である刃物、線香、昆布、自転車、敷物、和ざらし等について常設展示をしていますが、今回は小出副館長による詳しいご説明を受けることができ、膨大な包丁類の展示や伝統産品の生産過程を示した映像など、研修生は終始熱心に見学していました。

 

堺1.jpg

 

その後、堺市役所高層館21階の展望ロビーから、古墳群と現代の街が共存する堺市ならではの景色を実際に眺め、歴史と文化の広がりを体感しました。

 

昼食のため市役所付近の商店街を歩いて街の活気を感じたあとは、堺市博物館(http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/)へ移動しました。学芸課の増田様から丁寧なガイドを受けながら展示品を鑑賞しましたが、研修生の中には古代史を専門とする研究者や、陶芸・絵画の研究者もいることから、研修生同士でもお互いの知識を伝え合っていました。

 

また、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録を目指し、平成26年に開設された「百舌鳥古墳群シアター」(http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/sei/)では、古墳群についての研究成果を基に再現された古墳内部の映像や、古墳上空を飛んでいるかのような迫力あるバーチャル・リアリティ映像を見ることができ、古代史専攻の研修生が「ずっと見たかったものを見られた!」と感激していたのはもちろん、他の研修生にとっても、知的好奇心を刺激される体験となりました。

 

堺2.jpg

 

堺市博物館を出た後は、国の登録有形文化財である茶室「伸庵」にて、不慣れな正座に苦労しつつ、冬の空気に映える景色を楽しみながら、堺の茶道文化を五感で味わいました。

 

堺4.jpg堺3.jpg

 

「伸庵」から歩いてすぐ、仁徳天皇陵に向かうと、ここでも学芸課長の白神様による詳しいガイドを聞かせていただきながら、堺市博物館のシアターで見た古墳を間近で見て大きさを感じるとともに、現代や中世において、古墳がどのように人々の暮らしと関わり、維持管理されてきたかというお話を伺うことができました。

 

堺5.jpg

 

その後、再び堺市役所に戻り、市議会の本会議場に入場させていただきました。ここでは水ノ上成彰議長、宮本恵子副議長を始めとする堺市議会国際交流推進議員連盟所属の市議会議員の皆様から温かく迎えていただき、司会を務めてくださった山口典子議員からは英語でウェルカムスピーチをいただくなど、歓迎の雰囲気で受け入れていただきました。公式な場ということで、研修参加者の表情は最初こそ少し固かったものの、議員の方々がユーモアを交えて自己紹介してくださり、話しやすい雰囲気で意見交換させていただくことができました。研修生たちが、普段の日本語研修で磨いた日本語で各自の専門分野(日本の歴史、税制、家族のあり方、公共図書館の運営など)についてお話しし、それを議員の皆様が高い関心を持って聞いてくださったことで、研修生もより一層、自信を持って日本語で話せるようになりました。

 

堺6.jpg堺7.jpg

 

市議会議員の方々との交流の後は、この日の締めくくりとして竹山修身市長への表敬訪問をさせていただきました。竹山市長から歓迎のご挨拶を賜ったあと、全ての研修生が日本語で自己紹介をしたうえで、研修生代表としてインドネシアのフィディさんからご挨拶しました。フィディさんは市長を前にとても緊張していましたが、堺市でこの日経験したことをご報告するとともに、この視察をさせてくださった堺市への感謝の気持ちを日本語で懸命にお話しし、それを市長が終始にこやかに聞いてくださったことで、徐々に気持ちもほぐれ、総じて和やかな雰囲気で対話させていただけました。

他にも市長は研修生からの質問をいくつか受けてくださり、「堺市のこれからの課題」「市長が大切にしていること」「どのように伝統産業の後継者を育てているか」など、大きなテーマから細かい話題まで含むお話となりましたが、市長から直接、分かりやすくお話いただいたことで、皆が堺市へより一層の親しみを持てるようになりました。

 

堺9.jpg堺8.jpg

 

今回の堺市訪問では、日本固有の遺跡訪問、茶道や刃物といった日本ならではの伝統文化を見聞しただけでなく、市政を担う議員の方々とも交流でき、日本文化・社会・政治など、多様な面からより深く「日本」を知ることができました。

このような貴重な場を設けてくださった堺市文化観光局国際部 中山部長、国際課 小谷課長、多田様、韓様、高井様に改めてお礼を申し上げます。皆様誠にありがとうございました。

 

ご協力:

堺10.jpg

○堺市https://www.city.sakai.lg.jp/

○堺伝統産業会館http://www.sakaidensan.jp/

○堺市博物館http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/

 

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ