2010年10月アーカイブ

平成29年度 文化学術専門家日本語研修(2か月コース)

研修期間:2017年6月7日-2017年8月2日

1-日本語の研修

 2ヶ月間、あっという間でしたが、非常に有意義でした。
 初日にテストがあり、日本語のレベルチェックが行われました。その結果に応じて、3つのグループに分けられました。そして、グループごとのスケジュールをもらいました。このコースの一番良いところは、自分で授業を選ぶことができるということです。例えば、漢字や会話などの選択科目の中から、自分で選んで決めることができます。
 授業の中で一番重要だったのは、発表のクラスでした。発表のクラスでは、自分の研究分野に関する最終口頭発表1.jpgのための準備や練習をします。発表のクラスは分野ごとに分かれていて、同じクラスの研修生からフィードバックをもらうことができます。コースの終わりには、歴史、言語学、美術、文学などのテーマについて、それぞれ自分の研究を日本語で紹介できるようになりました。先生方のアドバイスとコメントのおかげで、私達の発表は完璧なものになりました

 その他、コンピュータクラスでは、自分の研究活動のための丁寧な日本語のメールの書き方を学びました。そして、同じ専門分野の人や大学の先生方にお願いや、問い合わせ、お礼のメールを日本語で書くことができるようになりました。さらに、専門語彙のカード作り方についても教わることができました。
 図書検索についてのガイドもありました。例えば、どのようにしてインターネットで本を探したり、予約したりすることができるかです。そして、日本語学習に役立つウェブサイトやスマートフォンアプリについても紹介してもらいました。

 毎週、連絡会があり、授業や文化体験プログラムについて詳しく説明してもらうことができました。そして、授業は月曜日から木曜日の9時から午後3時ごろまででした。自由時間は個人研究や旅行をしたり、他の研修生と一緒に時間を過ごしたりすることができました。
 また、東京へ自主研修旅行に行きました。3日間、国際交流基金の日本語国際センター(浦和)に滞在して、研究に必要な資料を探すために図書館へ行ったり、専門家や大学の先生に会ったり、美術館・博物館を訪ねたりしました。この研修旅行は、同じ分野を研究する人とのネットワーキングにとっても、非常に役に立ちました。

 2.jpg神戸大学の大学院生との交流会も印象に残っています。神戸大学の図書館を案内してもらったり、神戸大学の大学院生の方と自分たちの研究や日本の大学生活について話したりしました。神戸大学の皆さんには、美しいキャンパスを案内してもらうなど、親切にしていただきました。とても貴重な体験となりました。

2-文化体験

このコースには、日本語を学ぶことだけではなく、日本の文化や伝統芸能を実際に体験できる機会もありました。例えば、書道、ゆかたの着付け、文楽鑑賞です。

A-ホームビジット
 ホームビジットは、日本の一般家庭を訪ねるという、とても貴重な経験でした。研修生同士ペアで日本人の家を訪問し、家族と話したり一緒に食事をしたりして、日本の生活を体験することができました。お好み焼き、たこ焼き、串かつなど関西の伝統的な料理を食べたり、関西弁を聞いたりして、楽しい時間を過ごすことができました。

B-茶道
 3.jpg2人の先生から茶の湯の心について学びました。お茶の正しい飲み方、伝統的な道具の名前や、和室に入る時のマナーなどを教わりました。そして、苦いお茶を飲む前に甘いお菓子を食べることの意味がよく分かりました。お茶碗の美しさや作法についても、理解することができました。昔から伝わる伝統文化の雰囲気を感じることができました。
注意:白い靴下を持って来てくださいね!

C-大阪オリエンテーリング
 これは、研修での最初の活動でした。グループに分かれて大阪の様々な所を散策しながら、写真を撮ったり、日本人と話したり、一緒に食事をしたりする活動でした。その後、それぞれ体験したことを先生方や他のグループの人たちに紹介しました。この活動のお陰で、お互いにうち解け仲良くなることができました。

3-センターの生活

 関西国際センターの施設は、研究活動にとても役に立ちました。
 3階にある食堂ではおいしい料理を食べることができました。そして、食事を終えると、またすぐ研究に戻り、集中し34.jpgて取り組むことができました。2階の自習室では、夜遅くまで自由に勉強したり、資料を印刷したりすることができます。カラオケルームとジムもあり、充実した時間を過ごすことができます。そして、部屋にはエアコンとwifiが備わっているので、とても快適に過ごすことができます。窓からは、素晴らしい海の景色が見えます。ビーチでパーティーをした時には、歌を歌ったりBBQをしたり貝を食べたりして、楽しみました。そしてバスや自転車に乗って、神社や田尻町にある名所など、関西国際センターの近くを散策することもできました。

 関西国際センターのスタッフの皆さんに色々と助けてもらいました。皆さん、親切にしてくださり、ありがとうございました。

 コリーン ダントニーオ(イタリア)
 フローレンス クリック フリーゼン(ニュージーランド)
 ヌルハーン ディヤーブ(エジプト)
 スヴアトスラフ ポルホフ(ロシア) 

 

H29年度 専門日本語研修(文化・学術専門家)6ヶ月コース
研修期間:2017年10月4日-2018年4月4日

忘れられない6ヶ月

ラン・リュウ(中国/米国)

 この研修は私の人生で最も忘れられない6ヶ月でした。10月に日本に着いてすぐ、私たちはすばらしい紅葉を見ました。そして今、私たちの帰国直前に桜が満開になり、「さようなら」と言っているようです。その間に、美しいイルミネー1.jpgションのイベントに行ったり、クリスマスや日本の新年を祝ったり、時々雪も見たりして、大阪の暖かい冬を楽しみました。私たちは滞在中の毎分毎秒、日本の文化や生活に酔いしれて、日本語の能力がいつの間にか伸びました。
 私が今書いている博士論文は、教育政策及び数学と科学の学力におけるジェンダー差に関する国際比較の研究であり、日本はその研究の重要なケースの1つです。日本のケースを研究するためには、日本の学術論文や新聞や政府の報告書などを速読できる能力が必要です。また、私の研究を日本の研究者達に紹介して、意見をもらいたいと考えています。そのため、このプログラムの中で最も役立った授業は、アカデミック文法と文章表現の授業だと思います。これらの授業を通して、学術的な文章を読んだり書いたりする能力が大きく伸びました。センターに来る前は、日本語で自分の研究を日本語で紹介したり、レポートを書いたりすることはできないと思っていました。しかしこの6ヶ月間で、予想以上に進歩することができました。
 授業や宿題や研究以外で、専門活動はプログラムの重要な一部でした。2回の専門活動集中期間の間に、私は東京や名古屋や福岡など色々な町に行って、学会に参加したり、日本の教授や研究者達に会って、研究について重要な意見をもらったりしました。そして、私にとって必要な資料がある国立教育政策研究所の教育図書館も訪れました。センターは専門活動の経費を負担するだけではなく、私達にとって必要な日本の学会との繋がりも支援してくれました。
 センターの皆さんは、私たちが研究に集中するために、最高な環境を作ってくださいました。先生たちは皆、経験豊2.jpg富で気が長く、楽しい人たちです。私たちの研究テーマと日本語の能力に基づき、特別なプログラムを提供してくださいました。図書館の司書さんもとても親切で知識豊かです。彼らの手を借りて、私たちは必要な本や論文を見つけることができました。センターの他のスタッフも皆優しくて、家族のようになりました。私たちはもうすぐ帰国しますが、本当に「さようなら」と言いたくないです。これからもずっと日本に関する研究を続けて、そして必ずセンターに帰ってくる日があると思います。

影響が止めどなく続くに違いありません

エイミー・オバマイヤー(米国)

 6ヶ月の研修の終わりが近づいていますが、早く時間が経ったことと、自分の日本語能力が進歩したことに驚きを感じています。この短期間の進歩は、先生やスタッフの教えや助けなしには不可能だったと思います。関西国際センターの皆さんは信じられないほど親切で、我慢強くて、経験豊富でした。この研修を通して、自分自身の日本語能力が進歩しただけでなく、他の研修生の言葉遣いや話し方を聞いても全員が成長したことは明らかです。
 私の日本文学の学者としての成長には、このプログラム全体が役立っているに違いありませんが、特に2つの側面、個別授業と研究支援が際立っていると思います。私の研究は主に20世紀初頭の文学に焦点を当てているので、私の扱うテキストを理解するために必要な文法や構文は一般的な日本語の授業では教えられないことがあります。しかし、毎週の個別授業を通して、そのような隙間を埋め、理解を深めることができました。関西国際センターに来る前は、英語の翻訳なしで日本語で日本文学を読むことに違和感を感じていました。しかし、チューターと一緒に田村俊子が書いた1914年の「木乃伊の口紅」を読んで、毎週の個別授業で話し合ったので、これからは一人で文学作品が読めると思います。
 また、研究を発展させるために、センターの研究支援は非常に貴重でした。国際交流基金のおかげで、日本各地を訪問しながら、研究の資料を集めたり、研究対象の時代背景の理解を深めたり、学会やワークショップなどに参加3.jpgしたりできました。写真は博物館明治村にある田村俊子の師匠である幸田露伴の家の様子です。1週間程度の専門活動集中期間は2回ありますが、その前に、国会国立図書館関西館と国際日本文化研究センター(日文研)を訪問し、紹介していただく機会もあります。更に、知識豊富な図書館の司書がいつも支援してくださいます。関西国際センターのスタッフの指導なしには、研究に関連した利用可能な資料やどのような機会があるのかを知ることすらできませんでした。私が持ち帰る多くの資料は、以前はその存在すら知りませんでしたが、今では執筆中の博士論文の色々な議論で中心になるものだと思います。しかも、専門活動期間の間に、私の研究分野において海外および日本国内で活躍する研究者たちと新しい関係を築くことができました。近い将来、研究分野で協力したり、議論したりすることもあるでしょう。以上より、私が進んでいく学術の道において、この研修に参加した経験がもたらす影響は止めどなく続いていくものだと思います。

専門活動と研究発表

マリア・コラソン・レイエス(フィリピン)

専門活動
 私が6ヶ月コースに参加した主な目的の1つは、日本で専門的な研究を効果的に実施することです。国際交流基金関西国際センターは、十分に計画された活動スケジュールで研修を進め、研修参加者にセンター外で各自の研究を行う機会を提供しています。具体的に言えば、フィールドワーク、学会への参加、インタビュー、データを収集するための研究活動、また研究者との学術ネットワークを広げることもできます。
 最初の専門活動は12月に行われました。これは前期クラスの終了直後であり、2回目の専門活動は2月に行われ4.jpgました。この2回の期間中に、個々の研究活動を行うことができますが、注意深く詳細な準備が必要です。担当チューターは、研修生がインタビューアンケートを作成する際に助けたり、指導したり、希望する教授やインタビュー相手に失礼のないように丁寧に連絡したりする際に相談にのってくれます。
 専門活動を実施する前に、その効率的な計画方法と、活動の前後に提出する必要がある2つの書式についてのオリエンテーションが開催されました。まず、専門活動の計画書は、研究活動の実施に必要な支援をセンターが提供できるように、予定された活動期間の1~2週間前に提出しなければなりません。その後、センター外での研究活動を行った後、研修生は、専門的活動で得られた成果に関する報告書を提出する必要があります。
 センター外で行う専門活動は、私たちの話す日本語を改善させる最も重要な機会の1つです。インタービュー相手、教授または共同研究者と適切にコミュニケーションするために、私たちは日本語を使用する必要があります。それは、各研修生がクラスで学んだ文法と会話スキルを実証できる重要な活動です。この専門的な活動は、私たち一人一人が日本語の会話スキルを向上させるのに役立ちました。

研究発表
 次に、各参加者がそれぞれの研究の要点を発表する研究発表会もあります。これは、12月に1回目、3月に2回目が行われます。研究発表は、私たち一人一人が研究について説明するもので、特に日本語能力を発揮することが求められ、また研究に関する質問に日本語で答えることができなければなりません。
 5.jpgプログラムの最後は3月に行われた最終研究発表会でした。私たち一人一人がどのような大変な準備をしたかを覚えています。その結果、2日間の最終発表会は成功しました。
 この研修を通して、私の論文にとって非常に重要なフィールドワークを行えたことに深く感謝しています。先生方、図書館、そして事務スタッフからの支援は、私たち一人一人に本当に役に立ちました。
 国際交流基金関西国際センターは、日本語を学ぶだけでなく、私たちの個別の研究を支援するため、一連の活動を提供してくれました。このプログラムに参加する次の研究者にとって、ここでの日本語の勉強や経験は間違いなく役立つものになるでしょう。

関西国際センターの若手研究者コミュニティ

パーズニエフスキー・シモン・ズビギニエフ(ポーランド/英国)

  専門日本語研修(文化・学術専門家)6ヶ月コースは、日本で研究活動を進めるのに必要な日本語と学術スキルを伸ばすことを目的とし、様々な文化背景や専門分野を持つ若手研究者に他にはないユニークな機会を提供していま6.jpgす。向上心にあふれた若手研究者が集まる多様性のあるコミュニティは、日本文化を学び、同時にそれを楽しむ活気に満ちた新しい環境です。参加者を支えてくださるのは経験豊富で熱心な先生方、司書やスタッフの皆さんです。関西国際センターの施設は、日本語学習や学術研究に最適です。レベルに合わせた特別な日本語の授業では、先生は常に支援を惜しまず、くわしく教えてくださいます。図書館の司書の方々もとても親切で、日本国内の主要アーカイブへのアクセスをはじめ、様々な書籍、定期刊行物、その他の関連資料の収集を手伝ってくださいます。
 プログラム自体は挑戦的なものですが、2回の専門活動集中期間に向けて、最適な準備ができるよう、よく構成されています。研修参加者は研究分野の専門家や関係者とのインタビュー、面談や議論などの研究活動を行うことができます。現在の研究課題に取り組む研究活動に加え、研究者との関係を構築できる機会もあります。例えば、日本各地で開催される研究関連セミナー、会議、イベントに参加できます。最終発表会では、研修期間に行った研究結果について報告する重要な機会もあります。日本で得られたこの機会は、7.jpg今後研究を進めていく上で大変役立つものだと思います。
 このプログラムは研究を進める上ですばらしい環境が準備されていますが、その他に、書道、茶道、生け花などの日本文化を幅広く学ぶ機会もあります。また、プログラム終了時は桜の花が咲く時期になります。さらに、地元のボランティア団体が主催するイベントに参加することを通し、心地よい環境で日本語を話す練習をする機会もあります。関西国際センターには日本とそれぞれの国をつなぐ研究や文化に貢献する一生に一度の機会があります。

6ヶ月の経験について

マリオ・マロ・サンス(スペイン)

  研究者としての私の学術経験を考えると、6ヶ月のプログラムの中で最も重要なことの1つは、私の研究分野においてフィールドワークを行ったことだと言えるでしょう。フィールドワークを通して、福島と岩手で最も重要なNPOのい8.jpgくつかが社会的につながっていることを十分に理解することができました。研究方法を書誌的アプローチから民族的アプローチに変更したため、2回の専門活動はとても重要なものでした。
 また、関西国際センターについて言えば、異なる文化背景を持つ参加者との知的交流が基礎になっています。簡単に言えば、センターではいくつか研修が実施されているので、参加者は様々な研究分野の友人を作ることができます。私の場合は、私が参加していた研修の研究者だけでなく、他の研修に参加していた外交官とも、とても大切な経験を共有することができました。
 9.jpgさらに個人的な話をすれば、センターのある田尻町には、ICA(泉佐野地球交流会)、会話パートナー、熊取町国際交流茶友会などの地域ボランティアと関西国際センターとの特別な相乗効果があります。私はボランティア活動のしくみと、それがどのようにセンターのある国際社会の周りで構築されているのかを知ることができました。私たちに様々な日本文化の側面を教えてくださったICAのボランティアの皆さんには特に感謝しています。また居合道の無外流を私たちに教えてくださった3人のすばらしい先生方にも感謝しています。
 最後に、研修を通して得られる経験は大変なものですが、本当にやりがいのあるものです。先生方の指導についていけば、大きな進歩が見えてくるはずです。

 

 

 

 

平成25年度 日本語学習者訪日研修(大学生/春季)

研修期間:2013年5月7日-6月20日

マニ(インド)

スバーシニ(スリランカ)

ナー(ミャンマー)

モヒト(インド)

 

プログラムについて:

この6週間のプログラムには中国、カンボジア、タイ、ミャンマー、インド、スリランカ、アゼルバイジャン、スロベニア、ルーマニア、ロシアとケニアから来た32名が参加しました。クラスは日本理解とディスカッション、スピーチ、インタビュー、日本語バラエティなどがあり、日本語でたくさん話したり、いろいろな新しい表現を勉強したりすることができました。

この他に、着付け、書道、華道、和太鼓、合気道、茶道などの文化体験や研修旅行(奈良、京都、和歌山)などもありました。奈良や京都では有名なお寺と神社をたくさん見ました。また、泉南市立信達小学校や大阪御売市場、人と防災未来センターにも行くことができました。

それから、立命館大学、武庫川女子大学の大学生や地域の方々と交流して、インタビューをしました。そして、インタビューで分かったことを発表する機会もありました。

このプログラムでは、日本語の勉強だけでなく、文化体験や研修旅行、交流会などいろいろな体験ができました。

 

日本語授業

日本語研修プログラムには、交流活動や文化社会体験のほかに、4つの日本語授業があります。日本理解とディスカッション、スピーチ、インタビュー、日本語バラエティです。

日本理解とディスカッションのクラスでは、日本の伝統や教育、環境などのテーマについて自国と比べながら話しました。そこで、日本社会だけではなく様々な国のことも学ぶことができました。また、日本社会に関係があるテーマに関して、自国や他国と比較することで、より深く日本や日本人が理解できるようになりました。

インタビューのクラスでは、インタビューに必要な表現を勉強したり、大学生や地域の方にインタビューした後で情報を分析したりしました。最後に、発表会の時、グループで協力して、インタビューの結果を発表しました。

スピーチの授業では、基本的な発表の表現を学んでスピーチ原稿を作りました。1回目は大学生活についてのスピーチを発表しました。2回目は自国紹介のスピーチをしました。

日本語バラエティのクラスでは、日本人の実際の生活で使われる若者言葉や関西弁やオノマトペなどを学習しました。インタビュー、ホームビジット、交流会の時に日本人が話している関西弁や若者言葉が分かって楽しさを感じました。

これらの4つの日本語授業のほかに、学習相談、教材紹介、2週間の学習の振り返りもありました。この6週間の日本語授業のおかげで会話力を伸ばして、自信を持って発言できるようになりました。

 

交流会

6週間の研修の間に、交流会は4つありました。まずは、小学校訪問です。私たちは自分の国のことを紹介するため、ポスターを作りました。そして、小学生たちにそのポスターを見せて説明しました。そのあと、みんなといっしょに昼ごはんを食べました。自分の国のことを紹介することができてとても楽しかったです。

次は大学生との交流会です。2つの大学へ行って大学生にインタビューしました。2回目のとき、インタビューのあとで研修生3人がスピーチ発表しました。発表した人にとっては日本人の前で自国紹介のスピーチをすることができて、とてもいい経験になったと思います。

最後は地域の方々とのインタビュー交流会です。年配の方々から、若者とは違う意見をたくさん聞くことができました。そして、私たちの質問に対してやさしく話してくださいました。

勉強だけでなく、日本人と話すチャンスがあって本当にいい経験になりました。

 

13SG-1.jpg13SG-2.jpg

 

 

文化体験

6週間の研修の中で、6つの文化体験(合気道、書道、茶道、着付け、和太鼓、生け花)がありました。このうち自分がしたいものを3つ体験することができました。私は合気道、和太鼓、ゆかたを体験しました。自分の身の守り方や和太鼓のたたき方、ゆかたの着方を教えてもらったり、実際に体験したりすることができて、忘れられない思い出になりました。

13SG-3.jpg13SG-4.jpg

 

これからの研修生へのアドバイス 

この研修は長いので、日本へ来る前にいくつか注意したらいいと思う点があります。

まず、この研修では小学校訪問やホームビジットがあるので、自分の国の文化などを紹介するものを持ってきたほうがいいです。そしてこの6週間いろいろなところを見学する機会があるので、小さいかばんと薬を持って来てください。日本でも、病院や薬局がありますが、持って来ておいたほうが安心です。

また、このプログラムではスピーチを書いたり発表したりするので、自分のパソコンがあったら、ぜひ持って来てください。がんばってください。

 

 

本研修の実施にあたっては、泉南市立信達小学校、立命館大学、武庫川女子大学をはじめ、様々な機関からご協力いただきました。誠にありがとうございました。 

日本語学習者訪日研修(大学生/秋季)

大阪ガス国際交流財団インドネシア大学生日本語研修

研修期間:2012年11月6日-2012年12月20日

ドリナ(ハンガリー)

                                                          アリ(インドネシア)

       ジョイ(タイ)

 

プログラムについて

このプログラムにはインドネシア、タイ、ベトナム、ラオス、ウクライナ、カザフスタン、ベラルーシ、ハンガリー、ルーマニア、スロバキア、ポーランド、チェコ、ブルガリア、中国、ロシア、エジプトから来た33人の大学生が参加しました。
このプログラムの目的のひとつは日本語で話す時、自信を持てるようになることですから、いろいろな面白い活動がありました。クラスでは日本語で日本についていろいろなことを話しました。そして、日本の文化(能と狂言、和太鼓、着付け、茶道、書道、合気道、華道)を体験したり、ホームビジットや小学校訪問・大学訪問などをしたりすることができました。大阪ガス訪問では、最新のガス機器を見たり、日本の工場を見学したりすることができました。研修旅行もあり、みんなで東京、京都、広島へ行きました。また、授業のない時間や週末を使って、自分の興味があることについて調べたり、実際に見に行ったりもできました。

 

日本語授業

4つの授業があります。日本語バラエティー、日本理解とディスカッション、スピーチ、インタビューです。この4つの授業で、今まで勉強した日本語の練習だけではなく、いろいろな新しい言葉や表現も学び、文法の正しい使い方も練習することがよくできました。日本語バラエティの授業で若者言葉と関西弁を勉強して、すごく楽しかったです。日本理解とディスカッションの授業で自分の国と比べて日本の家族や伝統や環境などについてたくさん話し合いました。スピーチのクラスは自分で選んだテーマに関していいスピーチをつくる練習をしました。また、インタビューの授業の中で、インタビューする方法を勉強して、地域の方と大学生にインタビューをして、研修の最後に行われた発表会でグループで結果を発表しました。この4つの授業は私たちみんなに大変勉強になったと思います。

授業以外に、学習相談、教材紹介、二週間の振り返りもありました。そして毎日日本語を使ったおかげでみんなの日本語力が向上しました。

12SGOG-1.JPG12SGOG-2.JPG

                          授業風景                                                                         最終発表会  

 

交流会

6週間の研修の中には交流会の種類が三つありました。

まず、「地域の方々」との交流会です。私たちはグループにわかれて、授業で習った方法で、地域の方々にインタビューしたりしました。地域の方々のご意見などが聞けるチャンスはこの交流会のほか、なかなかないかもしれません。この交流会では目上の方向けの話し方などをチャレンジさせてもらいました。

次は、「大学生」との交流会です。この交流会では「地域の方々」との交流会と同じように、私たちがグループにわかれて、大学生の皆さんにインタビューしました。しかし、少し違いがあります。その違いは、この交流会で、何人かの研修生が大学生の前でスピーチをしました。質疑応答ももちろんしました。同じ世代の大学生の価値観なども知ることが出来ました。また、安田女子大学との交流会では学生の皆さんに広島弁の授業をしてもらいました。

12SGOG-3.JPG 12SGOG-4.JPG

                    神戸大学交流会                                                                       立命館大学交流会 

 

12SGOG-5.JPG12SGOG-6.JPG

               安田女子大学交流会                                                         関西学院大学交流会 

 

最後は、小学生との交流会です。前の二つの交流会と違って、この交流会では、インタビューやスピーチなどはしませんでした。その代わりに、私たちは、自分の国を紹介しました。この交流会では、子供向けの話し方などにチャレンジさせてもらいました。それだけではなく、私たちも小学生の皆さんに日本のことを紹介してもらいました。給食や、昼休みの過ごしかたなども体験させてもらいました。

 

文化体験

6週間の研修の中には文化体験の種類が6つ(着付、華道、書道、和太鼓、茶道、合気柔術)ありました。研修生は三つの文化体験を選ぶことができます。

まず、文化について勉強して、そのあと自分でやって、楽しい時間を過ごしたから、永遠の思い出になりました。

たとえば、着付けでは、伝統的な着物を着て、それに着物の各部分の名前やエンブレムの意味なども教えていただきました。楽しくて、いい気持ちでした。それに、勉強になりました。

和太鼓では、私たちの前で和太鼓の演奏をしてもらった上に、私たちもその演奏をやらせてもらったりしました。難しかったが、本当に楽しかったです。そして、太鼓のたたき方なども教えていただきました。楽しくて、勉強にもなりました。

 

12SGOG-8.JPG 12SGOG-7.JPG

                        着付け体験                                                                                     書道体験 

 

その他

私たちは、この研修の中で、よく話せるようになったり、いろいろな日本語の学習サイトが使えるようになりました。そして、新しい友達がたくさんできました。
 

これからの研修生へのアドバイス

  • たくさん日本語を話してください。
  • はずかしくても勇気を出して話してください。
  • 間違いは気にしないでください。
  • 時間があったら、いろいろな所へ行ってください。
  • 自分の国の文化を紹介してください。
  • 外国人の友達をたくさん作ってください。

 

12SGOG-9.JPG

大阪ガス施設見学

 

 

本研修の実施にあたっては、公益財団法人 大阪ガス国際交流財団、財団法人 ひろしま国際センター、神戸大学、立命館大学、安田女子大学、関西学院大学、泉佐野市立第一小学校をはじめ、様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

 

平成24年度 日本語学習者訪日研修(大学生/冬季)

研修期間 平成(25年1月8(-2()21(

プログラムについて 

6週間、8ヵ国から来た25人の大学生は日本語を話す自信を持つために様々な活動や文化体験をしました。中国人、ブラジル人、アゼルバイジャン人、ウクライナ人、スロバキア人、スロベニア人、ベラルーシ人、ルーマニア人は一緒にスピーチ、ディスカッションとインタビューのクラスで日本語を使って日本について勉強しました。

スピーチは一人ずつ、自分の気に入ったテーマについて発表しました。立命館大学、神戸大学のみなさんの前でスピーチを行いました。

ディスカッションでは家庭、結婚、伝統、教育、ライフスタイルと環境について、それぞれの国と比べながら話しました。神戸大学のみなさんとディスカッションを行いました。

そして、日本と関係のある話題について分かるように立命館と神戸大学の大学生とセンターの地域の方にインタビューしました。

研修の中に日本で必見の観光地に行くことが出来ました。東京、京都、神戸と広島で様々な面白いことをしました。例えば、東京の旅行でそなエリア東京というところを訪問し、地震について勉強するチャンスがありました。そして、浅草で日本の伝統的な建築物を見て、東京ふるさと祭りというイベントで様々な地方の祭りを見ることが出来ました。このような日本の伝統や文化と出会うことができたことは、すばらしかったです。大変印象深い経験でした。広島の旅行では自分でお好み焼きを作ったので、国に帰っても私たちはいつでも、少しでも、日本料理を味わうことが出来るようになりました。また、広島平和記念碑(原爆ドーム)では原子爆弾の被災者の思い出を見ることができ、戦争史と平和の重要性について学ぶことができました。このように私たちは研修の旅行でいい思い出を作ることができました。

また、センター内で和太鼓、着付け、華道、合気柔術、茶道と書道を体験しました。

 

1.12SGw.jpg2.12SGw.JPG

 神戸大学との交流会                                                                  早稲田大学との交流会

 

3.12SGw.JPG

                                                                     立命館大学との交流会

 

 

▼私たちの経験

 

この6週間の間に私たちは、いろんなことを体験し一生忘れられない思い出になりました。

私たちは日本人だけではなく日本社会にも触れあうことで日本についてのイメージがもっと鮮明になりました。

ホームビジットを通して日本人の家庭や生活習慣についてよりわかるようになりました。そして日本人と一緒に話したり遊んだりできてとても楽しかったです。

小学校訪問のとき、今まで習った日本語を使って自分の国を紹介するのは大切な経験だと思います。

そなエリア東京を見学したとき、私たちは地震の怖さを肌で感じ取りました。そして地震が起こった時、脱出できる方法も身につけました。

このプログラムのおかげで私たちは日本だけではなく人間関係やグループ活動の大切さも教えていただきました。国に帰ったらきっと役に立つと私たちは信じています! 

 

4.12SGw.JPG5.12SGw.JPG

 合気柔術                                                                                華道

 

 

▼設備

研修生の滞在に役立つために、関西国際センターには様々な設備があります。例えば、自転車のレンタルサービス、24時間自由に使える自習室、スポーツもでき、映写も出来るホールなどです。しかも、個室も広くて、プライバシーも保つことが出来ます。そして、センターが海の近くの良い立地のおかげで、部屋から見られる景色もきれいです。一番役立つサービスの一つは自習室です。発表を準備するとき、自分で紙を持ってくれば、いつでも自習室の印刷機が使えます。センターの設備は勉強への集中を容易にしてくれます。

6.12SGw.JPG7.12SGw.JPG

 広島研修旅行                                                                                                 京都研修旅行

 

 

▼日本に何を持っていったらいいですか

日本へ来る前に、以下のいろいろな事について注意しておきましょう。

  • 国によって、薬は違うから自分の国から薬を持って来たほうがいいです。
  • 雨が降るから傘を持って来たほうがいいです。
  • ホームビジット先や、お世話になった日本人に渡すためのおみやげ(小さくて軽いもの)
  • 自分の国や文化を紹介するための写真や地図、音楽CD、民族衣装など
  • 日本の生活について調べておくことが必要です。
  • 買い物をしたり、週末に出かけたりするためのお金は持ってきてください。日本の物価については、インターネットで調べたり、知っている人に聞いたりしておきましょう。

 

 

▼最後に

国際交流基金関西国際センターで6週間過ごして、先生やスタッフの皆さんから、日本人の親しみを感じました。毎日挨拶をしたり、外国人向けのやさしい日本語を使ったり、行き届いたサービスを提供したりしてくださって、私たちは来日前の不安が振り切れて、楽しい研修生活を送ることができました。「親しみ」を感じたからこそ、怖がらずに日本語を使って自信をつけることができました。「親しみ」を感じたからこそ、勉強でも、人に親切に、困った時に助け合うべきということをしみじみと理解できました。先生やスタッフの皆さんが伝えたいことが確実に私たちの心に伝わってきたと思い、色々な気持ちを一言に乗せて、「ありがとうございます」と感謝いたします。帰国した後もきっと、この感謝の気持ちを抱きながら、頑張り続けます。

本研修にあたっては、貝塚市立木島小学校、神戸大学、立命館大学、早稲田大学をはじめ様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

 

8.12SGw.JPG

                                                                      最終発表会

平成28年度 日本語学習者訪日研修(高校生)

研修期間:平成28年6月15日-6月30日

 本研修では、海外で日本語を学習している高校生を対象に、日本への理解を深め、日本語学習の意欲をさらに高めることを目的に、日本語学習、日本文化体験・社会見学、同世代の日本の若者との交流等のプログラムを実施します。
 今年度は、10か国・地域(中国、モンゴル、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インド、ブラジル、ロシア)から30名(随行者1名を含む)が参加しました。
 研修に参加したマレーシアのジークァンさん、タイのバイトーイさんの感想をご紹介します。

関西国際センターでの生活

 2週間の訪日研修はとってもみじかかったですが、私はたくさんのことを勉強し、様々な経験ができました。それだけではなく、この研修プログラムで各国からの研修生と友達になりました。いろんな国から来た研修生と日本語で交流して、言葉の壁を打ち壊しました。これはとってもめずらしい貴重な経験だと、私は思います。

HP2.jpgHP1.jpg

 この2週間のあいだ、私はほとんど日本語だけ話しました。言葉は、たくさん練習すればするほど、その言語の能力はもっと進歩します。今回の参加を通じて、私の日本語、特に発音と語彙が飛躍的に進歩しました。会話をしている時にも、前よりすらすら話せるようになりました。マレーシアに帰った後、日本語コースのクラスメート達からも、前よりもよく話せるようになったと言われました。

ccccc.png

 今回の研修プログラムに参加して、あらためてわかったことがいくつかあります。やっぱり、私は日本の文化、歴史、食べ物、そして人が好きです。日本に行く前も、好きだと思っていましたが、あまり実感がありませんでした。でも、自分の身で感じ、自分の目で見ることを通じて、私は心の底から思いました。

「絶対頑張って、日本へ留学する!」

   ジークァン(マレーシア)

                 

HP3.jpgHP4.jpg

  清水寺(京都)                               お好み焼き作り(広島)

HP5.jpg                      厳島神社(広島)

高校訪問・大阪オリエンテーリング・ホームステイ

 6月24日、私たちは住吉高校を訪問しました。住吉の学生といろんなことをいっしょにしました。とても楽しかったです。私は午後に1年生4組のクラスに出ました。古い日本語と英語の授業です。古い日本語の授業の中で、先生の話をいっしょうけんめい聞きましたが、難しいですからわかりませんでした! でも、いつも高校の学生に説明してもらいました。クラスが終わった時、教室の中で高校生たちとパーティをしました。ゲームをしたり、お菓子を食べたり、私たちの国を紹介したりしました。住吉高校の先生からも高校生からもあたたかい歓迎を受けました。楽しい経験をいっぱいしました。

HP6.jpg

 高校訪問の次の日、私たちは住吉の高校生たちといっしょに大阪でオリエンテーリングをしました。大阪のいろいろなところへ行きました。大阪城へ行ったり、天王寺を見たり、心斎橋のしょうてんがいで買い物をしたりしました。グリコの前で写真を撮りました。おもしろいものがおおいですから、とても楽しかったです。そして、たこやきという大阪の有名な料理を食べました。めっちゃおいしかったです。この日は歩いてたくさんのところへ行ったのでちょっと疲れましたが、とても楽しかったです!

HP7.jpg

 私は金曜日から日曜日まで住吉高校生の家でホームステイをしました。私のホストファミリーはとてもしんせつです。お母さんは英語が上手ですから、日本語が分からない時、英語で説明してくださいました。家族のみんなと話して、いろんな日本の文化を知ることになりました。そして、初めてお風呂を使いました。お母さんが作った日本の伝統的な食べ物を食べました。お母さんは料理がとても上手です! ホストファミリーの高校生は明るい女の子なので、たくさんのことをしゃべりました。特に、歌手と買い物をすることについていつもしゃべりました。私はホストファミリーと大阪のデパートへ行ったり、日本のスーパーで買い物をしたり、喫茶店でコーヒーやお茶などを飲みました。家族のみんなから、いい気持ちをもらいました、とても感動しました!

バイトーイ(タイ)

HP8.jpg

 本研修の実施にあたっては、大阪府立住吉高等学校をはじめ、様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

平成29(2017)年度 日本語学習者訪日研修(各国成績優秀者)・キヤノンベトナム日本語学習者訪日研修・関西日本ラトビア協会日本語学習者訪日研修

研修期間:2017年9月6日-9月20日

研修生代表による歓送会のスピーチ(日本語のみ)

研修参加者を代表して、私たち3人からひと言ご挨拶申し上げます。
アレクサンドラ(ウクライナ)・オザナ(コートジボワール)・ヴィッキー(エストニア)

AW1.png

 私は言葉が大好きです。言葉は価値のないものと言われることもありますが、文学の研究者として私は賛成出来ません。いま私達の責任は研修参加者を代表して皆様の気持ちと考えを言葉によって伝えることです。そんな誇りある大役を私にお任せくださり、誠にありがとうございます。
 『陰翳礼讃』において谷崎潤一郎が書いたのは、日本の美のイメージは単純で、その一方で意味とシンボリズムが深いということです。私達は皆様と自分の気持ちをその通りにお伝えしたいと思います。
 ホームビジットプログラムで日本人の家庭を訪問させていただき、日本人の子供達と遊んだとき、私達の心と身体はエネルギーで満たされていました。
 日本人の御家族と一緒にお昼ご飯を頂いたときは、日本文化ともっと親しくなったような気がして、私達のお腹が何とも言えない美味しい日本料理で満たされていました。
 日本文化を体験し、世界中の友達と話をしながら、私達は新しい知識を頂いて、ますます賢くなっていました。
 さて、私達の学習意欲は高まり、もっと一生懸命に勉強したくなるし、これからも本気で自分の日本文化と日本語の冒険を続けます。

アレクサンドラ(ウクライナ)

aaa.png

  関西国際センターのこのプログラムのおかげで旅行できた経験を皆さんとシェアしたいと思います。たった2週間で数年前から想像した日本のことをほんの一部ですが、理解することが出来ました。
 先ずは宮島で、鹿が神様のお使いとして尊敬されているのを見たとき、日本は自然と強い絆があることに気がつきました。その自然との強い絆は、広島と長崎が原子爆弾で完全に破壊されたのに、たった70年で復活することができて、前より美しい街になった理由だと思います。
 そして最後に、伏見稲荷大社へ行って神様への願いを叶えてもらったお礼に建てた3000以上の鳥居を見上げたとき、日本人の感謝の気持ちを心の底から感じることができました。
 日本人の尊敬と優しさと感謝の気持ちを国の人達に伝えたいと思います。皆さんのこと、絶対に忘れません。
 ご清聴どうもありがとうございました。

オザナ(コートジボワール)

AW4.png センターの外へお出かけした時はすごく面白かったです。でも、センターの中でも、楽しい事がいっぱい経験できました。皆と一緒に授業を受けたり、笑いを抑えながら食堂でご飯を食べたり、文化体験したり、のどが乾くまでカラオケを歌ったり、色んな事をやって、毎日、毎時、毎分、毎秒を皆さんのおかげで心から楽しむことができました。そしてこういう日常的なことをやりながら、気が付けば、友達と呼べる人がこんなにも増えていました。皆と一緒に時間を過ごして、大切な物をいっぱいもらいました。
 たまに言葉が分からなくても、思い出せなくても、一生懸命に日本語で話を続ける皆を見て「あぁ、私ももっともっと熱心に日本語を喋らないとな!」と思いました。そして私よりずっと日本語が上手にできる人の話を聞いて「私ももっともっと勉強しないとな!」と思いました。そして漢字をサラサラと読める人を見て、「やっぱり私も漢字をもっと勉強したい!」と決心しました。皆さんから日本語をもっと勉強するためのモチベーションをもらったことに心から感謝しています。皆さんと日本語で話ができて、私の心が嬉しい気持ちで溢れています。日本語の練習相手だけではなく、仲間に、友達に、なってくれて本当にありがとう。

AW5.png 「嬉しいなぁー」。時々急にこの言葉を口にする人が多いことに気がつきました。私もそうでした。何かすごい事が起きた時もそうですが、何も起こらなかった時でもパッとめっちゃ嬉しい気持ちに溢れていて、気が付けば笑っていました。このようなことが起こる理由は、多分私達がこの二週間を本当に満喫出来たからです。二週間はたしかに短いし、あっと言う間に経ってしまうんですが、この二週間という短い間に日本でできたこと、経験したこと、新しく学んだことは数多くありました。
 私にとっても、そして恐らく、ここにいる皆にとっても、このプログラムは今までの人生の中で一つの頂点だと思います。今までの人生で一番楽しい二週間だと言っていた人が何人もいます。ですから、こういうプログラムを作って、細かいところまでお世話くださり、色んな事を教えてくれたスタッフの皆様に、ここで研修参加者の皆からの感謝の気持ちを伝えたいと思います。この二週間何から何までお世話になりました。とても楽しかったです。先生がたとスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

ヴィッキー(エストニア)

AW6.png

研修期間:2017年10月10日-2017年11月17日

プログラムについて:

今年のUPOGプログラムは10月10日から11月17日まで行われました。私たち23人は、中国、台湾、タイ、インドネシア、マレーシアとベトナムから来ました。このプログラムでは、今まで勉強している日本語を使うために、いろいろな活動を体験します。例えば、日本についてのディスカッション、地域の方々と日本の大学生へのインタビュー、スピーチ、小学校や大学訪問、京都や和歌山に研修旅行などです。

センターの生活:

センターの生活は住みやすくて、楽しいです。いろいろなファシリティーを提供しているので、便利です。食堂、図書館、洗濯室、自転車、スポーツ施設、エンターテイメント施設などがあります。友達と一緒に食事したり、カラオケしたり、バドミントンをしたり、自転車でりんくうタウンの周りに行ったりもできました。UPOGプログラム以外のプログラムからの友達もできました。スタッフの皆さんも優しいです。楽しいです。

aaaaaa.png

授業:

プログラムで主な授業が三つあります。それぞれは日本理解とディスカッション、スピーチ、それからインタービューです。日本理解という授業で、私たちはいろいろなテーマを巡って、自分の国の状況を思い出したり、日本の状況と比べたりしました。スピーチの授業では、テーマの選択から原稿の作成やリハーサルまで、先生やクラスメートと協力して完成しました。インタービューは授業だけでなく、実際に日本人にインタービューするチャンスもありました。これらの授業を通じて、日本社会への理解を深めることや会話力を鍛えることができます。

授業以外に、文化体験、小学校訪問、研修旅行、大学訪問、ホームビジットや施設見学など多彩な活動も行われました。6週間はそんな長くない時間ですが、日本でたくさんの体験をして、違う国の人と友達になって、本当に人生の貴重な思い出だと思います。

22222.png

小学校訪問:

小学校訪問は私にとって初めてですが、小学校はとてもかわいかったです。小学生の皆さんは私達の国についての話を聞いてとても興奮していました。最初、緊張しましたが、一緒に話し合うときは楽しかったです。日本に来る前に小学校はアニメや日本のドラマでしか見ませんでした。実際にはとてもいい経験だったと思います。

ccccc.png

文化体験:

来日する前に、私たちは書道、和太鼓、茶道、合気柔術という四つの文化体験から自分の好きなものを二つ選びました。研修中、実際に日本の伝統的な文化活動をやってみることができました。例えば和太鼓は、地域の人たちがセンターにきて、演奏する方法や楽譜の読み方などを教えてくれました。そして、みんなは四つのグループに分かれて、協力して一曲を演奏しました。ただほかの人の演奏を聴くことより、もっと力が湧いてくる気がします。それに、合気柔術も体験しました。基本的な動き以外、特別な技も勉強しました。いつか役に立てるかもしれないと思っています。本物の刀を見る機会がありました。ちょっと疲れましたが楽しかったです。和太鼓と合気柔術の先生はすごいと思いました。先生たちは大体地域の年配者でした。みんな元気で、しかも伝統文化について、情熱を燃やしています。文化体験によって、外国人にも日本での伝統文化の現状が少しわかるようになりました。即ち、伝統文化は誇りとして、地域の力によって次世代や外国人に伝わっています。

ddddd.png

研修旅行:

この6週間の間、私たちは2回の研修旅行をしました。行ったところは京都と和歌山です。京都への研修旅行は一泊二日でした。泊まるところは京都駅に近いホテルです。交通が便利で、自由行動の時どこに行ってもかかる時間は長くないです。伏見稲荷大社、金閣寺、平安神宮など、いろいろな有名な観光スポットに行きました。私たちは神社で参拝したり、周りのお土産の店を回ったりして、楽しい時間を過ごしました。と同時に、日本の伝統文化への認識も深めました。特に二日目、丸益西村屋というところで友禅染を体験することができて、伝統工芸品の中に含まれている匠の精神を感じました。

eeeee.png

アドバイス:

私たち研修生はいろんな体験や知識が得られました。未来の研修生たちが出来るだけ研修を満喫するために、アドバイスを提供します。

1)健康第一

この研修は授業以外のアクティビティがたくさんあります。参加できるように健康維持はだいじです。秋の時期はちょっと寒いから、コートとかヒートテックを用意した方がいいと思います。                  

2)交流

研修生はいろんな国から来ましたから、お互いの文化と日本語の学び方を語り合えます。たくさんな外国の友達を作れますから、この珍しい機会を見逃さないでください。

3)日本語

この研修の目的は、研修生たちの日本語力を向上させることです。だから、遠慮なく日本語を話してください。間違っても大丈夫です。それこそが学習です。

4)冒険

せっかく日本に来たから、出来るだけ日本の文化を体験してください。食べ物とか温泉とか、自分の国にない物に挑戦してください。そして部屋の中は気持ちいいけど、閉じ込もらないでください。どこでもいいから、外へ行って冒険してください。

とにかく、"今しかないからやります"という考えを覚えて、研修を楽しんでください。

プログラムの好きなところ:

新しい友達を作るのはとても良かったです。いろいろな国からの皆さんと一緒に新しい経験をしたり、旅行したり、食事をしたり、カラオケしたりするのは楽しかったです。先生方とスタッフの皆さんと地域の方々も優しいです。この機会に日本のことを勉強しながら、新しい人に会えることもとてもいいと思いました。そして、センターには完全な設備が提供されています。ありがとうございました。

HP11.jpg

(アニサ、チェン、しずか)

本研修の実施にあたっては、公益財団法人大阪ガス国際交流財団、貝塚市立西小学校、神戸学院大学をはじめ、様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

研修期間:2014年7月15日-8月1日

研修生について

 2014年7月15日に13の国と地域(中国、韓国、台湾、マレーシア、タイ、スリランカ、オーストラリア、カナダ、アメリカ、スペイン、オランダ、イギリス、ハンガリー)からの研修生35人が初めて国際交流基金関西国際センターで出会いました。最初、私たちはとても緊張して、お互いに話すことが恥ずかしかったのですが、すぐに仲良くなって、研修を終える頃には昔からの友達のようになりました。また、私たちは日本語を話すことに自信がなかったのですが、様々なプログラムにおいて日本文化と日本人に直接触れる体験を通して日本語がだんだん話せるようになってきました。

1&2 UPSP夏.png

 

プログラムについて

 この18日間の研修は、交流活動に関連したトピックのディスカッションの授業、大学訪問、日本の大学生との交流会、日本の家庭へのホームビジット、大阪オリエンテーリング、京都研修旅行などいろいろなプログラムがあります。そのおかげで、日本の文化や社会についてより深く理解することができました。
 日本の大学生がセンターに来てくれたときには、大阪弁や長崎弁などいろいろな地方の方言や、若者言葉を教えてもらいました。
 また、「和太鼓」、「合気道」、「書道」、「浴衣」の文化体験があります。この4つの文化体験の中から2つも選べて、日本文化についてもっと分かるようになり、大変印象深かったです。

3,UPSP 夏.jpg

 

関西国際センターについて

 このセンターのスタッフは家族のように私たちの世話をしてくれました。そして、センターには勉強のために利用できる様々な設備もあります。例えば、図書館では、本を借りることや静かに本を読んだり勉強したりすることもできます。また、ラウンジもありますから、私たちは晩ご飯を食べてから毎日のようにラウンジに集まって、一緒に自分の国について話したり、歌をたくさん歌ったりしました。
 私たちのほとんどは今まで日本に来たことがありませんでしたから、いろいろなプログラムで大阪に触れることができて、よかったです。大阪の方々の温かさのおかげで、私たちもあまりカルチャーショックを感じずに、初めから楽しく過ごすことができました。

 

 最後に

 お世話になった方々にはお礼の言葉が言い尽くせないほどです。以前に比べてもっと日本語ができるようになっただけではなく、一生の友達もできました。この経験はずっと忘れられないと思います。本当にいろいろお世話になりました。

 

本研修の実施にあたっては、大阪大学をはじめ、様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

 4,UPSP 夏.jpg

 

リンダ・ハリス(オーストラリア)
ジュリア・ズーウェー(オーストラリア)
カーサリン・ブラィヤント(アメリカ)
グスタボ・フロレス(スペイン)

 

 

大阪ガス国際交流財団インドネシア大学生日本語研修

研修期間:2014年9月2日-2014年10月17日

01.集合.JPG

プログラムについて

今年度のプログラムには、19か国・地域から40人の学生が参加しました。私たちは中国、韓国、台湾、インドネシア、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、ドイツ、アイルランド、イタリア、ノルウェー、ハンガリー、ポーランド、ルーアニア、ロシア、スロベニアから来ました。

プログラムの始めにプレイスメントテストを受けて、日本語力によって五つのクラスに分かれました。センターでは、主にディスカッション、スピーチ、インタビューの勉強をしましたが、そのほかにアクティビティもたくさん体験しました。たとえば、ホームビジットをしたり、文化体験をしたり、小学校や大学を訪問したりしました。そして、大阪、神戸、奈良、京都、和歌山へ研修旅行に行きました。

 

センターの生活

センターでの生活2.pngプログラムの前には、関西国際センターでの生活はどのようなものかと緊張していましたが、何も心配することはありませんでした!すぐセンターの生活が好きになりました。センターの生活はとても便利です。センターの近くに駅が三つあって、歩いて行けます。また、自転車も借りられます。そして、スーパーや百円ショップや郵便局やモールやショッピングセンターなどもセンターの近くにあります。
毎日クラスは午後3〜4時に終わるので、それから一緒にラウンジで友だちと話したり、自転車を借りてイオンモールやりんくうタウンで晩ご飯を食べたりしました。週末には、自分たちで観光や買い物もできました。

私のセンターの一日

午前7時: 起きる!
午前7時45分: 食堂で友だちと朝ご飯を食べる
午前9時—11時50分:午前中のクラスを受ける
午後12時—13時10分:食堂で友だちと昼ご飯を食べる
午後13時20分—15時10分: 午後のクラスを受ける
午後15時20分—16時10分(ときどき): 文化体験の授業
午後18時—20時: 食堂や外で晩ご飯を食べる
午後20時—23時30分: 宿題をしたりラウンジで友だちと話したりする

 

授業 

授業は三つあります。ディスカッション、スピーチ、インタビューです。ディスカッションのクラスでは、色々なことを話しました。たとえば、日本と自分の国の生活や環境や伝統などを話しました。スピーチのクラスではスピーチの準備と発表をして、先生やクラスメイトから有意義なフィードバックをもらいました。インタビューのクラスでは、グループで知りたいことの中から一つテーマを選びました。そして、インタビューの質問の準備をして、地域の人と日本の大学生にテーマについてインタビューしました。

03.授業.JPG

最後には、インタビューの調査結果をまとめて、発表しました。発表会の日、私たちは緊張しましたが、パワーポイントとスピーチを一生懸命準備しましたから、発表会は楽しくて、実りのあるものになりました。 

 キラ(アメリカ)

 

 小学校訪問

研修中に、小学校訪問を一回しました。泉佐野市立北中小学校を訪問したのですが、本当にためになる経験でした。訪問する前に私たちはみんな準備をしました。センターで自分の国を紹介するためにポスターを作って、ある研修生は国から持ってきた伝統的な衣服を訪問のときに着ました。小学校への訪問は二つのパートに分かれていました。前半は研修生の自己紹介の後、グループで1・2年生と交流しました。後半は3-6年生との交流でした。その時、研修生はポスターを使って国を紹介しました。国の紹介の後で一緒に昼ご飯を食べたり、そうじをしたり、遊んだりしてセンターに帰りました。日本の学校生活を実際に体験したかったら、このような訪問はとてもいいチャンスだと思います。

04.小学校訪問.JPG

 大学訪問

大学訪問も2回しました。まず、奈良・京都研修旅行の時、私たちは京都の立命館大学を訪問しました。大学を案内してもらった後で私たちは立命館大学の学生とフリートークをする機会がありました。3人ぐらいのグループで学生たちと様々なことについて話して、例えば、立命館大学の入学制度、留学(外国人向けのものや日本人の学生向けのもの)、大学生活などについて学びました。私たちも自分の出身の大学と大学生活について伝えました。この訪問は短い時間でしたが、いろいろなことについて学ぶいい機会になりました。
二つ目は大阪大学への訪問でした。はじめに立命館大学と同じようにキャンパス内を見学しました。この訪問で一番勉強になったことは二つありました。大阪大学の留学生が日本への留学についていろいろ教えてくれたことと、大阪大学の先生の言語学の講義に参加できたことです。ほかにも、大阪大学の学生と一緒に踊ってみたり、昼ご飯を食べたりしたことは本当に楽しかったです。

大学訪問.png

 ホームビジット

ホームビジットの目的は二つあります。日本人の生活習慣について理解を深めることと、日本語での会話力を高めることです。この目的は日本人の家庭への訪問のおかげで達成できました。研修生は2・3人のグループでホストファミリーのお宅を訪れました。日本の住宅を見たり、ライフスタイルについて学んだり、日本人と話したりできて、全部がとても有益なものになりました。

アンナ(ロシア) 

 研修旅行

プログラムの中では、授業だけではなく研修旅行を通して色々な所に行ってみる機会がありました。関西国際センターのおかげで実際に日本の文化を見たり体験したりすることができました。旅行を通して、見聞を広めることができてとても素晴らしい時間を過ごせましたし、研修生同士の仲を深めるきっかけにもなりました。

奈良・京都

最初の日は、奈良の有名な観光地としてよく知られている「東大寺」に行きました。私たちはお坊さんがお寺の中で儀式に参加する珍しい様子をみることができてとてもラッキーでした。また、東大寺の周りにいる鹿を追いかけたり、一緒に写真を撮ったり、お土産を買ったりして楽しめました。司書の方から聞いた通り、奈良と京都を旅行するときには間違いなく財布が危ないです。どこに行ってもきれいな、可愛いお土産のお店があるので、欲しい物を全部買いたい気持ちを我慢することができないからです。同じ日、私たちはきれいな旅館に一泊泊まることができました。浴衣を着て研修生の皆と一緒に夕食を食べました。夕食は食べるのがもったいないと思うほどきれいなので困りました。口で食べる前に目で食べたと言っても間違いありません。

 06.研修旅行.JPG

次の日は、京都に行きました。朝御飯をしっかり食べて、清水寺へ移動しました。清水寺はきれいな水があるお寺で、中では直接水を飲むことができます。その水を飲むと、もっときれいになったり、頭がよくなったりするという話がありますが、水は一回しか飲むことができません。これは「他人のために水を残そう」という意味です。お寺の周りには、お土産の店がたくさんあります。商品を買うときには実際に日本語を使うことができるし、地元の日本人と話すこともできます。話すときに日本語の間違いについて心配しないで、ゆっくり話ができたら、日本人の方も喜ぶと思います!

文化体験

プログラムではもちろん授業を受けますが、文化体験を受ける機会もあります。自分で選んだ三つの活動を通して、本当の文化体験を楽しむことができます。文化体験の中で楽しめる活動には、合気柔術・茶道・和太鼓・書道・浴衣・生け花があります。茶道や合気柔術のような活動を、女らしい・男らしい活動だからいやだと言わないで、新しい、聞いたことがない活動を選んでやってみてください。間違いなく、考えが変わります。

文化体験1,2.png

 アドバイス

  1. 貴重品や大切な荷物(例:パスポート・財布・高級アイテム)は忘れないように気を付けて下さい。
  2. 母国で普段スリッパを履いている人は自分のスリッパを持って行ったほうがいいです。
  3. センターの中に洗濯室があるので、汚れた服について心配しなくてもいいです。でも、洗剤は自分で買わなければなりません。
  4. シャンプーなども持ってきてもいいですが、近くのスーパーで買うこともできます。
  5. 自習室では、パソコンを使ったり、勉強したり、プリントをすることができます。自分のパソコンを持って来なかった人は、午前7時30分から午前2時までここでパソコンを使うことができます。でも、自分のパソコンを持ってきた方が便利です。
  6. 放課後(授業の後)・週末・休日には自由に時間を過ごすことができます。自由に旅行することもできますが、門限を忘れないにしましょう。
  7. 日本にいる間は、できるだけ日本語で話した方がいいと思います。研修生として短い時間を上手く生きましょう!
  8. 人の前でスピーチをすることが苦手な人は、日本語の上達の緊張を克服するために、司会に挑戦してみて下さい!(笑)
  9. 日本語での注文や問題などを日本語が上手な人にばかり頼らないで、自分で解決するようにしましょう。
  10. 出かけるときには、気を付けて下さい。一人より、ペアやグループで出かけたほうがもっと安全だと思います。一番重要なことは、皆さんが楽しんでいることです!間違いなく、人生が変わる、幸せな思い出をたくさん作ることができます。
  11. センターで働いている人を見たら必ず挨拶をするようにしましょう。挨拶と言うのは普通に使う簡単な挨拶です。例えば:「いただきます」「ごちそうさまでした」「ありがとうございます」「おはようございます」などです。私たちが上手く生活できるように、センターの方が手伝ってくださっていることに感謝しましょう。
  12. 新しい出会いを大切に。このプログラムには、色々な国の、様々な背景を持つ研修生が多いので、どんどん話しましょう。なぜなら、これは人生一回きりのチャンスであり、センターのプログラムの中で一番大切なのは新しい友達ができることだからです。

 09.アドバイス.JPG

 「UPOG、愛してるよ! 」:UPOGプログラムの大好きなところ

  1. 10.おまけ.jpg先生から、日本語の勉強はもちろん、コミュニケーションの仕方も学ぶことができるところ。先生は、忍耐強くて、親切で、何でも知っています。
  2. 情報リテラシーなどの授業を通して、日本語の勉強に役に立つウェブサイトなどの情報を手に入れることができるところ。
  3. 研修旅行を通して、自分だけでは行きにくい所へも行くことができ、とても素晴らしい思い出ができるところ。
  4. 食費やICOCAカード(交通費)などのケアが万全なところ。電車に乗って、自由に色々なところへ行くことができます。
  5. 国際色豊かなプログラムなので、色々な国から来た友達がたくさんできるところ。いつまでも、忘れられない思い出ができました。
  6. 日本の大学で「オープンキャンパス」スタイルのツアーができるところ。実際に大学に通っている大学生たちと交流もできて、将来日本の大学に留学したときの環境が想像できました!

ハンナ(オーストラリア)

 

 

 

本研修の実施にあたっては、公益財団法人 大阪ガス国際交流財団、立命館大学、大阪大学、泉佐野市立北中小学校をはじめ、様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

研修期間:2014年1月29日-3月13日

UPプログラムについて

up1.jpg 国内連携による日本語普及支援 大学生訪日研修(冬季)は2014年1月29日から3月13日まで6週間行われた日本語プログラムです。中国、韓国、タイ、マレーシア、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、スペイン、ポーランド、スロベニア、ルーマニア、ロシアという13の異なる国から32人の学生が参加しました。

 6週間の間、私たちは、日本語の授業、日本文化体験、研修旅行に共に参加しました。世界中からの素晴らしい人たちと出会い、真の友人を作る機会がもてることは、このプログラムの最高にいい点です。

 

日本語授業

 授業はたいてい平日の午前9時から午後3時まであり、主にディスカッション、スピーチ、インタビューなど4つの科目があります。

 ディスカッションの授業では、いろいろなトピックについて日本と自国を比較しながら話し合いました。この授業は、日本についてだけではなく他国のことについても理解を深める貴重な機会となりました。

 スピーチの授業では、二つのスピーチを準備し、一回はクラス内発表、もう一回はゲストである日本人大学生の前で発表しました。

 インタビューの授業では、グループに分かれて地域の人たちや日本の大学生の方々にインタビューを行い、選んだトピックについて調査しました。インタビューを終えた後、6週間の研修の終盤に開かれた発表会で、私たちがつかんだ気づきについて発表を行いました。この授業は最初のうちは少し心配でしたが、素敵な日本の方々にお会いして話し合っていくうちに、自分たちが身につけてきた日本語に自信がもてるようになりました。

 

旅行

 研修プログラムでは、京都、和歌山、神戸の町や小学校、立命館大学、大阪大学など、いろいろな場所を訪問しました。

 京都と和歌山の旅では、金閣寺や和歌山城など、訪れたすべてのところで旅を満喫することができました。また神戸の旅では1995年に起こった震災について学び、その時仕事をしていた神戸新聞社の方々と話しをするかけがえのない体験をすることもできました。

up2.jpg

 日本の小学校は楽しいところでした。訪問では、私たち研修生の自分の国について紹介したり、いろいろな活動を通じて一緒に過ごしたりするなかで、日本人の子どもたちがどんなふうに話すのか(まったく理解し難いものでしたが)発見がありました。

up3.jpg 立命館大学と大阪大学の訪問では、留学中の学生から日本の大学への留学について役立つ情報を聞き、日本の大学生生活について学ぶことができました。

up4.jpg up5.jpg

 

 文化体験

 文化体験プログラムでは、着付け、書道、いけばな、和太鼓、合気柔術の5つの異なる日本文化を体験しました。

up6.jpg up7.jpg

 

 日本の人々との交流

 この研修プログラムのもっとも大事なところは、たくさんの日本の方々と出会い、話をする機会がもてることです。

up8.jpg up9.jpg

 

 ホームビジット

 ホームビジットでは、日本人のライフスタイルの一面を知り、素敵な日本人のご家族とお会いし、家にいる時のような体験をすることができました。

 

 日本の大学生

 研修プログラムでは、日本国内の大学から数名ずつの学生が、3日間、センターを訪れました。その3日間のなかで、私たち研修生は若者言葉や日本の方言(関西弁、岩手弁など)について教えてもらいました。この3日間は、いろいろな活動や日本人の学生の皆さんとの語らいのなかで、心から楽しいと思える時間でした。

up10.jpg up11.jpg

 

センターや地域の方々

 関西センターのスタッフや先生は、皆さん、とても素敵な方々です。そして、地域の人たちもまた、気さくに話すことができる方たちなので、皆さんは自分の日本語を試しながら日本を楽しむ機会にもなると思います。

 

そのほか

・スピーチの原稿を作成したり、発表の準備をしたりするためにノートパソコンを持っていきましょう
・センターでは自転車を借りることができます。授業が終わってから買い物に出かけたり、近所を散策したりするのにたいへん便利です。
・研修が終わって帰国する時に、全部のものを持ち帰れるだけのスペースのあるカバン、トランクを持っていきましょう(近くの本屋の安物では十分入るものを買うことはできません)
・辞書の類は必要ですが、研修ではセンターから教材が提供されるので、教科書のような教材を持ってくる必要はありません。
・この研修はこれまで皆さんが大学で学んだことを試してみる絶好の機会です。研修では研修生が英語(皆さんの母語)を使わないようなプログラムになっていますので、できるだけたくさん日本語を話すようにしましょう。

では、研修を楽しんでください!

 

2013UP冬 ベヴァン・ジョーンズ(オーストラリア)

 

本研修の実施にあたっては、神戸新聞社、大阪大学、立命館大学、泉佐野市立上之郷小学校を初めとする様々な機関からご協力を頂きました。誠にありがとうございました。

平成23年度 李秀賢氏記念韓国青少年訪日研修

研修期間 平成(24()1(30( -2()9(

 

★研修に参加した2名の作文「ホームステイの思い出」をご紹介します

 

私が感じた日本

 金讃率(キム・チャンソル)

 

kim(H23李秀賢)2.JPG初めてホームステイのパートナーに会って、電車でホームステイの家へ向かうとき、パートナーと友達はちょっと道を外れて、私たち韓国人にお城を見せようとして“岸和田城”に連れて行ってくれた。普通の町と思っていたところでいきなり素敵なお城が出てきて、みんなびっくりしながら写真を撮った。ここで大きい祭りもすると聞いて、伝統を守ることがちゃんとできている大阪、そして日本に、深い感銘を受けた。

当日は“節分”だったので、韓国にはない楽しい経験をした。まず、夕食で韓国の“ギムパップ”と本当に似ている食べ物のまきずしを、北北西に向かって何も言わずに食べなければならないそうで、台所に向かって、家族の皆さんと静かにもくもくと食べた。そのあと、パートナーのお父さんを鬼にして外に豆を投げながら「鬼は外!福は内!」と叫ぶ行事もした。それから、いろいろな思い出を作って、家族と炬燵に座ってケーキを食べながら話をした。そのようにしていると、なぜこんなに家族の仲がいいのか、すぐ理解できた。外から見ている日本の姿は、“優しいけど冷たい”という感じだったが、ホームステイという貴重な経験をした後、日本の内の違う面が見えた気がした。

kim(H23李秀賢).JPGkim(H23李秀賢)4.jpg

 

ホームステイの思い出

高昌煜(コ チャンウク)

 

佐野高校との交流で一番記憶に残ったのはホームステイです。

 高さん~1.JPG私は岩野高陽君の家で 一泊をすることになりましたが、以前にもらった家族紹介書にPRが書かれていなかったので「もし無愛想な感じの家族だったらどうしよう..」と心配をしていました。しかし直接会ってみたら高陽君は本当に活発で良い友達でした。どうしてPRを書かなかったか聞いてみたら、時間不足で書かなかったと言われました。
 このように私は高陽君といろいろなことを話しながら高陽君の家に向かい、 出迎えに来てくれていた高陽君のお父さんに会いました。お父さんは顔付きからコメディアンのような感じがしました。それから、寿司屋で寿司を買って家に向かい、家で高陽君のお母さんとお姉さんに会いました。高陽君のお母さんに「どう呼べば良いでしょうか..?」と聞いたら 「うーん..ママと呼んでください」と答えてくださいました。実際にはお母さんを呼ぶ事はほとんどなかったので「ママ」と呼ぶことはできませんでした。でも、親子のように思ってくださることが私には本当に嬉しかったです。ちょうどその日が節分だったので「のり巻き」もいただきましたが、お父さんが高陽君と私を笑わせようとして、本当に面白かったです。特にお父さんは節分の鬼役を引き受けてくれて、家の前で鬼の真似をしました。そして岩野家のご家族と私はお父さんに豆を撤きました。本当の家族みたいな感じがして本当に嬉しかったです。寝るときはけっこう寒かったのですが、ご家族の心温かいもてなしが私の体を暖かくしてくれているようで、ぐっすり眠ることができました。
 翌日は高陽君の友達である輝君と輝君のパートナーであるキョンとともに難波を歩き回りあちこち見て、お昼にはお好み焼きを食べました。親しくなるまではけっこう時間がかかったのですが、別れるにはあまりにも早いと感じられました。わずか一日に過ぎない時間でしたが、私を心より心配してくださって楽しくしてくださった岩野家の皆さんに心より感謝しています。そしてこのような経験ができるようにしてくださった佐野高校の関係者のみなさん、本当にありがとうございました。

 kou(H23李秀賢)2.JPGkou(H23李秀賢)3.JPG

 

★佐野高校との交流は、『ニュースせんなん』にも掲載されました。「ニュースせんなん」24年2月25日.pdf

平成26年度日本語教育キャパシティビルディング

東南アジア日本語教員養成大学移動講座(インドネシア) 

研修期間:2014年10月28日-2014年12月11日

 

◆大学生参加者レポート

 

プログラムについて

 この6週間のプログラムには、インドネシアから32人が参加しました。インドネシアの大学で日本語を勉強している大学生21人と、日本語を教えている教員11人です。このプログラムの名前は長いので、短く「CI」と呼んでいます。
 このプログラムでは、自信をつけて日本語を使ったり、実際に日本の文化と社会について体験したり、具体的に日本語学習の目的や方法について考えたりすることが目標です。そのために、日本理解とディスカッションや、スピーチや、インタビューや、日本語バラエティなどのクラスがあり、京都の金閣寺や、伏見稲荷大社や、清水寺への研修旅行に参加して、狂言と能を見たり、和太鼓や合気柔術や書道を体験したりしました。その他にも、長南小学校と岸和田高校を訪問したり、立命館大学と関西学院大学を訪問してインタビューをしたりしました。

レギ(インドネシア教育大学)

 

日本語の授業

 このプログラムには、色々な授業があります。例えば、日本理解とディスカッション、スピーチ、インタビュー、日本語バラエティ、情報リテラシーです。授業を始める前にプレイスメントテストがあって、クラスが3つに分けられました。授業では、色々な新しい言葉や表現を学び、伝統的な文化や日本人の生活なども勉強することができました。
 日本理解とディスカッションの授業では、日本の伝統や結婚や仕事や教育などについて、自分の国と比べながら、たくさん話しました。その時、私たちは一人ずつ自分の意見を積極的に話しました。また、スピーチの授業では、私たちは2回スピーチをしました。1回目のスピーチのテーマは大学生の生活についてで、2回目のスピーチのテーマはインドネシアについてです。そして、そのテーマから、自分で選んだトピックに関してスピーチを作って、先生と相談してから、みんなの前で発表しました。それから、インタビューの授業では、インタビューする方法を勉強しました。グループを作って、グループで選んだテーマについて、地域の方と大学生に4回インタビューをしました。そして、研修の最後に発表会で結果を発表しました。日本語バラエティの授業では、ホームビジットのために電話会話を勉強したり、日本の大学生から若者言葉と方言を教えてもらったりして、とても楽しかったです。情報リテラシーの授業では、私たちは日本語でコンピュータが使えるようになりました。コンピュータで日本語入力ができるようになったし、日本語で電子メールを送れるようになったし、インターネットで情報を集めることできるようになりました。
 これらの授業のおかげで私たちはみんな大変勉強になり、私たちの日本語の能力が上達したと思います。

シンチャン(ディポネゴロ大学)

 

文化体験

 このプログラムでは、三つの文化を体験することができました。和太鼓、書道、合気柔術です。研修生はみんなで和太鼓を体験することができました。書道と合気柔術はどちらか一つを選んで、体験しました。どれを選んでも、全部楽しかったです。本当にいい経験になりました。
 和太鼓を体験する前は、和太鼓の先生が見本の演奏をしてくれました。その後、先生が私たちに和太鼓のやりかたを教えてくれました。最初、先生が演奏したときは、簡単そうだと思いましたが、やってみると想像したほど簡単ではありませんでした。しかし、最初は難しかったですが、練習すれば練習するほど、慣れていきました。和太鼓を練習するとき、私たちは六つのグループに分かれました。各グループは三人いました。練習してから、二つのグループずつ、演奏をしました。
 合気柔術は和太鼓よりも、さらに体を動かします。疲れましたが、楽しかったです。合気柔術の文化体験で、短い時間でしたが、私たちは少し自分を守る方法を習いました。パンチとキックを習うだけではなく、木刀や杖の使い方も習いました。少し習っただけでも、役に立ちます。それに、畳の上で練習しましたから、安全です。
 書道クラスでは、私たちは自分の好きな漢字を書きました。自分の好きな漢字を書くまえに、先生は漢字のサンプルを見せてくれたので、みんなはその漢字を見て、練習しました。書道を書くときは、落ち着かなければなりません。急いで書いたら、書いた字が悪くなると言われました。たくさん書く練習をしてから、自分の好きな漢字を書きます。自分で書いた漢字は持って帰ります。本当に楽しかったです。

 ラシド(北スマトラ大学)

 インドネシア1.png     合気柔術                          書道

インドネシア2.png

和太鼓

 

交流会

 6週間の研修の中で、私たちはたくさん交流会をしました。インタビューの授業でも、私たちはグループにわかれて、たくさんの日本人にインタビューしたり、交流をしたりしました。私たちは、関西国際センターの周りの地域の方々、そして立命館と関西学院大学の学生たちにインタビューしました。同じ日本人でも、年齢が違うので、意見やインタビューの結果は面白いです。今の日本や日本人のことだけではなくて、昔の日本や日本人についてもわかりました。
 インタビューの授業以外に、私たちは長南小学校や岸和田高校に訪問しました。交流だけではなく、小学校では、インドネシアを紹介したり、小学生たちと給食を食べたり、掃除したり、遊んだりしました。岸和田高校では、研修生の先生方がインドネシアを紹介したり、高校生たちと一緒に授業を受けたりしました。
 さらに、センターでの研修の間も、他の研修を受けている日本人や外国人と食堂で食事をするときなどに交流することができました。ですから、授業や研修のプログラムの中だけではなくて、休憩や食事のときにもたくさんの交流会のチャンスがあったと言えます。私にとって、とても大切な45日間でした。

ヒルワ(ジャカルタ国立大学)

インドネシア3.png           関西学院大学                       立命館大学

インドネシア4.png     (地域の方々)            関西国際センター    (大学生)

 

研修旅行

 このプログラムでは、私たちは勉強だけではなく、研修旅行にも行きました。一回目は11月10 日で、二回目の研修旅行は11月21日でした。一回目の研修旅行では、伏見稲荷神社と清水寺と甘春堂という店に行きました。
 伏見稲荷神社には、赤くて大きい鳥居があります。この神社の前にきつねの像があります。また、この神社は千本鳥居で有名です。神社には重軽石があります。願い事を思い浮かべながら石を持ち上げて、石が軽かったら、願い事が叶うと言われています。伏見稲荷神社へ行った後、清水寺へ行きました。この寺にも恋占いの石があります。目をつぶって、前に歩いて、この石を見つけられたら、恋がうまくいきます。また、この寺には恋愛、健康、勉強の三つの滝があります。最後に、私たちは甘春堂へ行きました。甘春堂は和菓子を作るお店です。ここで、和菓子を手で作ってみたり、抹茶を飲んだりしました。
 二回目の研修旅行は11月21日に行きました。この研修旅行では、私たちは金閣寺へ行ったり、能と狂言を見たりしました。湖の上に立つように見える金閣寺は、秋に来たので、きれいな紅葉が見られました。とてもきれいでした。そのあと、能と狂言を見に行きました。能と狂言は日本の伝統的な演劇です。能の登場人物は面をつけて、演じます。また、狂言の登場人物は、ユーモアのある物語を演じます。とても面白かったです。この二回の研修旅行はとても印象に残りました。

 メタ(スマラン国立大学)

 

インドネシア5.png         金閣寺                           伏見稲荷神社

インドネシア6.png          甘春堂                         清水寺

 

感想

 この6週間の研修はとても面白くて、楽しくて、役に立つ研修だと私たちは思います。インドネシアの日本語学習者にとって、日本語を話すのは一番難しいです。ここにある3つの授業は全部会話の授業ですから、日本語で話す自信を持てられるように本当に役に立ちます。特に研修の学生たちは今、日本語で話すのにもっと自信を持ちます。そして、日本の文化も楽しく紹介してくれましたから、分かりやすくて、もっと知りたくなる気がします。日本語でコンピューターの使い方や、日本語バラエティ(表現、若者言葉、オノマトペ)や、色々な日本語の教科書などの知識をまらえて、本当にうれしくて、私たちの日本語の勉強の役に立ちます。ファシリティーやサービスなど良かったし、関西国際センターの人たちやほかのプログラムの研修生も優しかったので、困ることがなくて、たくさんのいい思い出が出来ました。ですから、忘れられない6週間でした。

 

 

◆教員参加者レポート

 

ウリップ・ザエナル・ファナニ(スラバヤ国立大学)
ウルファ・スティヤルティ(ブラウィジャヤ大学)
タミタ・イスラミ・インドラスワリ(ジョグジャカルタ・ムハマディヤ大学)

 

研修プログラムについて

 この研修にはインドネシアから大学生21人、日本語教師11人、合計32人が参加しました。研修の目的は二つに分かれていて、日本語教師の目的は教授力・日本語力を高めるほかに、異文化理解を深めます。それから、大学生の目標はこれまで学んだ日本語を実際に使ってみたり、日本文化・社会を体験したりします。そのため、日本語授業のほかに(能と狂言、和太鼓、書道、合気柔術)を体験したり、ホームビジットや小学校・高校・大学訪問などのプログラムをしました。あべの橋 防災センターを見学したときは、地震の体験もできました。また、研修旅行もあり、みんなで金閣寺・伏見神社・和菓子作りの店へいきました。

 

教員のプログラムと活動

1. 教授法
タスク開発と素材収集。インドネシアの授業場面をイメージしながらいろいろなタスクを想定して、学生に見せたいものの写真を撮ったり、地図やパンフレットなど集めたり、日本の生活の中にある音を収集したりしました。
2. 授業参観
学生の授業への参加、教師だけを対象にした講義などのほか、研修プログラムへの参加を通していろいろな日本語に触れ、日本語の知識を増やして、今の日本語教育についての理解を深め、授業力の向上をはかりました。
3. 交流
日本や日本人に対する理解を得るために、様々な立場や世代の日本人と交流する機会を得ました。大学生との交流、小学生、高校生、地域の方との交流会をもちました。
4. 大学訪問
日本の大学を訪問して、将来の留学の役立つ情報を得ると共に、交流を行いました。
5. 成果発表
6週間の日本での研修の集大成として、大学生参加者に対して日本文化・社会をテーマにした授業を行いました。

 インドネシア7.png                                                          京都研修旅行・伏見稲荷大社

 

 研修全体を通し、センターにいる間、楽しい日々を過ごすことができました。勉強だけでなく、自分の好きなこともすることができました。例えば、カラオケルームで自分の好きな日本語の歌を歌って日本語の勉強にもなりました。また、ホームビジットや学校訪問に参加し、教育関係のことや日本社会についてさらに知ることができました。また、大阪オリエンテーリングの時には、親切な日本の方に出会うことができ、素晴らしい体験ができました。

 

これからの研修生へのアドバイス

1.  短い研修でも、できるだけたくさん日本人の友達を作ってください。
2.  授業がないときは時間を上手に使ってください。
3.  カラオケルームやピアノが用意してありますので、歌が好きな人はたくさん使ってください。
4.  インターネットやモバイルで簡単に連絡できる時代となりましたので、帰国後でも連絡をとりあってください。
5.  所変われば品変わる、日本は自分の国と違うところがあるかもしれませんが、異文化理解を体験できる貴重な機会になると思います。

 

 本研修の実施にあたっては、関西学院大学、立命館大学、大阪府立岸和田高等学校、泉佐野市立長南小学校をはじめ、様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

平成26年度 日本語教育キャパシティビルディング東南アジア日本語教員養成大学移動講座(タイ)

研修期間:2015年1月13日-2015年2月26日

 

◆大学生参加者レポート

 

全体のプログラム

 

このプログラムは、日本語教員を目指している人を対象としたものです。参加者の大学生は、タイの5つの大学から来ました。ブラパー大学から5名、チェンマイラチャパット大学から5名、チェンライラチャパット大学から5名、コンケン大学から5名、そして、ウボンラチャタニー大学から5名です。また、各大学から1人ずつ教員も参加しました。それで、参加者は全員で30名です(大学生25名、教員5名)。
このプログラムでは日本語を勉強するだけではなく、日本についての様々なことを経験することができました。例えば、日本の大学生と交流したり、文化体験をしたり、学校訪問をしたりしました。また、日本の社会への理解を深めるために、日本について自分が興味を持つテーマを選び、地域の人や日本の大学生にインタビューしました。それから、日本をもっと理解するために、このプログラムで関西地方の色々な所へ行きました。例えば、京都、神戸、奈良などを見学しました。1、全体.png

日本語の授業

このプログラムでは、授業が4つに分けられています。日本理解とディスカッション、スピーチ、インタビュー、日本語バラエティです。
日本理解とディスカッションでは、日本について、友達と色々な話題を話し合いますが、そのとき、できるだけ自分が知っている日本語を使って、自分の意見を出します。そして、その意見を友達と交換し、自分の国と比べてどうなのか、お互いに話し合い、ディスカッションの後にメモをします。この授業で勉強したおかげで、日本という国や、日本人の考え方が、もっと分かるようになりました。
スピーチの授業では、自分の国について、日本人に紹介したいことや、日本人に知ってもらいたいこと、自国の伝統的な祭りなどをテーマとして、スピーチ原稿を作りました。そして、最後のスピーチの授業で、先生たちやクラスの友達の前で、発表しました。
インタビューの授業では、日本について興味を持つテーマを選んでから、自分のグループと相談し、質問を作りました。そして、地域の人、日本の大学生にインタビューしました。毎回のインタビューの後には、グループで結果をまとめて分析し、最後に、発表会のときに、その結果を発表しました。
日本語バラエティは、もっと楽しく会話をするために、日常生活で使われている言葉や、関西弁や、若者の言葉などを勉強する授業です。この授業で勉強すると、日本人ともっと楽しく会話することができます。
4つの授業以外に、学習相談や教材紹介、2週間の振り返りという授業もあります。この6週間は短い期間ですが、色々なことを体験することができ、日本語だけではなく、社会や、文化なども体験することができました。また、この6週間のおかげで、たくさんの日本語を使う機会ができ、自分の日本語も上達しました。それだけではなく、たくさんの日本人と出会い、話したり、意見を交換したりして、とても楽しかったです。何より、友達ができて、一緒に色々な活動をしたことが、一番いい思い出になりました。

2、授業.png

 ティー (ウボンラチャタニー大学)

 

文化体験

6週間の研修の中で、3つの文化体験がありました。それは和太鼓、合気柔術と書道でした。この中から、自分がやりたいものを2つ選ぶことができました。それぞれの文化体験を見てみましょう。

 

●和太鼓 
私たちは日本の伝統的な「和太鼓」という太鼓に挑戦しました。3つのパートに分かれて、パートごとに違うリズムを練習しました。最後に全員で合わせて和太鼓を叩きました。みんな楽しんで笑顔で和太鼓を叩きました3、和太鼓.png

 4、和太鼓2.png

●合気柔術

 5、合気柔術.png

これは、日本の武術のひとつ「合気柔術」といいます。自分の体で自分を守る方法を体験しました。体のほかに、刀も使ってみました。私たちは疲れたし、体も痛かったですが、友達と一緒にやるのはとても楽しくて、最高でした。

6、合気柔術2.png

 ●書道

日本の文字を筆で書いてみました。初めての経験なので、授業中、みんな静かで、一生懸命に練習しました。そして、自分の好きな漢字を選んで、色紙に書きました。書いた色紙は国へ持って帰れます。新しい経験になったし、おみやげもできたし、とてもよかったです。

7、書道.png

ファス(コンケン大学)

 交流会

 6週間の間に、交流会は5回ありました。まず、熊取町立南小学校を訪問しました。私たちはタイについてのポスターを作って、小学生に紹介しました。小学生が学校を案内してくれました。そのあと、小学生の皆さんと一緒におしゃべりしながら、昼ごはんを食べました。

 8、小学校.png

次に、センターのホールで地域の方にインタビューしました。皆さんはとても優しかったです。 三回目に、武庫川女子大学で交流しました。大学生に図書館を案内してもらってから、インタビューをしました。そのあと、昼ごはんを一緒に食べました。四回目には、立命館大学で交流しました。昼ご飯を一緒に食べたり、大学の周りを案内してもらったりしました。色々なことを話して、とても楽しかったです。大学生の方が「タイへ行きたい」と言ってくれて、すごく嬉しかったです。

 9、武庫川女子大.png

最後は、関西国際センターで日本語教育に興味がある大学生と交流しました。私たちは交流会パーティーを行うために、タイダンスを練習したり、場所を準備したりしました。それから、大学生に若者言葉や方言を教えてもらいました。はじめは関西弁について知りませんでしたが、教えてもらって、よくわかりました。とても楽しかったです。
何回も日本人と交流したことは 知らなかったことを知ることができたし、友達ができたし、とてもいい経験だったと思います。

エー(コンケン大学)

 

アドバイス

このブログラムは、6週間という長い期間なので、日本へ来る前に準備しておいたほうがいいことや注意したほうがいいことがあります。
まず、このブログラムでは日本人と交流するチャンスがありますから、自分の国について紹介したいことやものを持って来たほうがいいと思います。例えば、タイ語が書いてあるものや観光地のガイドブックや食べ物などです。そして、研修中には、スピーチを書いたり、発表会を準備したりする必要があるので、自分のパソコンがあったら、ぜひ持って来てください。それから、自分の大学を紹介する発表会があるので、大学のデータや大学のパンフレットなども準備しておくといいと思います。
また、もちろん日本には病院や薬局がありますが、もし皆さんは持病があったら、自分の薬を必ず持ってきたほうがいいと思います。
この6週間はとても楽しくて、とてもいい体験になりました。皆さんも頑張ってください。

ベン(チェンマイラチャパット大学)

 

 

◆教員参加者レポート

全体のプログラム

今回6週間の研修の中で、私たち教員は、日本語教師としての業務に役立てるため、教授法の授業、授業見学、自主研修活動など、研修中のさまざまな活動を通して、貴重な授業づくりのコツ、知識などを得ました。毎回の授業見学では、これまでの自分の授業を振り返ることができました。関西国際センターの授業の流れは、学習者を中心とした教育を大切にしていると強く感じられました。さらに、学習者の考える力、伝える力を上手に育てているように見えました。このような授業の進め方で、学習者は少しずつ自信を持ち、日本語で発話できるようになったと思っています。

10、教員全体.png

オウ(チェンマイラチャパット大学)

 

自主研修活動

このプログラムには、自主研修活動期間もあります。自主研修活動とは、日本語教師としての仕事に役に立てるため、各自のテーマに合わせて、自分で研修を計画することです。
私の場合は、初級文法の授業以外に日本文化と日本事情という科目も担当しているので、その分野についての資料や写真など収集したいと思っていて、様々な場所へ見学に行きました。例えば、日本史について学べる所として、日本で初めて世界遺産に登録された姫路城へ見学に行きました。姫路城では、日本の戦国時代から明治時代までの歴史を学べ、特に「防御設備」という敵を防ぐための機構や整備などの写真を撮影したり、資料を集めたりできました。また、兵庫県立歴史博物館、京都伝統産業ふれあい館、大阪歴史博物館、大阪くらしの今昔館などにも行き、文化と歴史を学ぶことができました。更に歴史的な場所だけではなく、日本事情の分野に関わる場所も見学することができました。例えば、日本の市場と商店街の特徴に興味を持つ私の場合は、黒門市場、錦市場、千日前道具屋筋商店街、天神橋筋商店街などを見学して、日本の市場や商店街の雰囲気を撮影できました。帰国後、歴史と文化の授業で、撮影した写真と手に入れた資料を教材として利用し、また、日本事情についてのディスカッションのような授業にも利用しようと思います。

 ビー(ウボンラチャタニー大学)

 

私の場合は京都の東寺、伏見稲荷大社、祇園、また兵庫県立美術館、生田神社、神戸港震災メモリアルパーク、神戸元町商店街、鉄人28号モニュメントなどに行くことができました。授業の時タイと日本のお寺の違いやタイと日本の仏教の違いなどを説明できるように、写真を撮影したり、ビデオを撮ったり、資料を収集したりしました。また見学する前の計画書の書き方、そして戻って来た後の報告書の書き方も大変勉強になりました。このプログラムでは色々な研修活動があり、授業見学、文化体験、研修旅行、交流会など、教員としての授業活動に役立つリソースをたくさん収集できました。更に自分の授業をふりかえることができ、学生の日本語の力や日本に関する知識をアップさせるためにどんなことが必要なのかや実際教師の役割は何かなども勉強になりました。

グン(チェンライラチャパット大学)

 

教員向けの授業

教員向けの授業はいくつかの日に分かれて行われました。
1月19日に「体験交流型日本語学習」に参加して、この研修の目的がよく分かり、活動を中心にする日本語学習についてのやりかたや目標などが分かりました。特に「JFスタンダード」に興味を持ちました。自分の学習者がどのぐらい日本語ができるかを調べられて、自分の授業に役に立つのではないかと思ったからです。
1月21日に「話すことを教える」に参加して、OPIについて分かりました。学習者がどのぐらい日本語ができるのかが分かるだけではなく、いろいろな「質問のやり方」はとても面白かったです。「意見を言わせるように問いかけること」や「だんだん深まる質問のやり方」などは、会話の授業のために参考になると思います。
1月28日の「日本語教材の紹介」では、いろいろな教科書と本を紹介してもらいました。特に『まるごと』と『できる日本語』と『漢字たまご』という本について、まったく知らなかったので、それぞれの本のいい点とよくない点、又はその本の使い方などを紹介してもらって、大変勉強になりました。
2月10日の「日本語教育リソース紹介」では、様々な日本語教育リソースを紹介してもらいました。前はサイトを使いたいと思ったときも、サイトが多すぎて、どのサイトがいいか全然知らなくて自分でもはっきり選べなかったので、学生に紹介してあげることができませんでした。しかし、この授業で「日本のかな・文字・漢字」や「書くこと」や「読むこと」や「話すこと」や「日本事情・日本文化」などの種類に分けて紹介してもらったので、これから紹介しやすくなりました。11、教員授業.png

 ノーイ(コンケン大学)

 

授業見学

研修期間の中で、国際交流基金の先生方の授業を見学させていただきました。主に、ディスカッション、スピーチなど学生の話す力を育てるものでした。国ではあまりしゃべらないのに、授業で楽しそうによくしゃべる学生もいました。教師のクラス運営のしかたはもちろん、学生の能力に常に配慮した授業計画など、その大切さを実感しました。学生の日本語力をいかに伸ばしていくかについて、今回の授業見学を通して、授業をする教師側の考えだけでなく、学習者の視点からも考えることができました。

12、授業見学.png

 プロイ(ブラパー大学)

 

本研修の実施にあたっては、立命館大学、武庫川女子大学、熊取町立南小学校をはじめ、様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

 

研修期間 201571日-715

  本研修の参加者は、国際交流基金の海外拠点と日本センターで行っている日本語講座(JF講座)の成績優秀者です。今回は、22カ国から23名が参加しました。参加者たちは、世界各地のJF講座受講生と交流しながら、日本語の授業や活動、研修旅行を通じて、日本文化への理解を深めました。2週間という短期間で、日本語でのコミュニケーションにも相当自信がついた様子でした!

 

研修生代表による修了式のスピーチ(日本語のみ)

 (ほん)(じつ)はお(いそが)しい中、私たちのためにおいでいただきまして、まことにありがとうございます。私はフランスから(まい)りました、ポリヌと(もう)します。(けん)(しゅう)(せい)23(めい)(だい)(ひょう)して、ごあいさつ(もう)()げます。

  1.jpg私は、()(ども)のころから、本やテレビや(まん)()、アニメなどで日本についていろいろなことを(なら)いました。私にとって日本は(なが)(ねん)(ゆう)(じん)みたいな(そん)(ざい)です。今回、はじめて日本に来ましたが、日本のイメージは自分が(そう)(ぞう)していたのと同じでした。日本は本当に()(そう)(てき)な国だと思います!景色(けしき)()(れい)だし、日本人もとても(やさ)しいし、サービスもいいし、それに料理もおいしいですから。一番好きなのは、大阪オリエンテーリングの時、(どう)(とん)(ぼり)で食べた大阪のお(この)()きです!めっちゃ、めっちゃおいしかったです!

2-4.jpg

 この二週間で、()(かい)(じゅう)のJF(こう)()で勉強している()()らしい友達ができて、本当に(うれ)しいです。スーパーへ行く時や旅行で買い物をしている時、お(たが)いの国についていろいろな話をしました。まるで二週間で世界旅行をしたようです!これはいつまでも(わす)れられない思い出と(けい)(けん)です。(こく)(さい)(こう)(りゅう)()(きん)のおかげで、私の(ゆめ)の一つを(じつ)(げん)することができました。まことにありがとうございました。(しょう)(らい)は、新しいことを勉強しに、ぜひまた日本に(もど)りたいと思います!

トルオン ポリヌ(フランス)

 

 

5.jpg 私はロンドンのJapan Foundationのコースから来ました、ロランです。ベルギー人です。私は日本の社会について、感想(かんそう)を話したいと思います。
   東京や大阪など日本の大都市(だいとし)は、(ほか)の国とはちがう特別(とくべつ)なものがあると思います。たとえば、日本の大都市の風景(ふうけい)には、デパートや家など人々が()むところに、高速(こうそく)道路(どうろ)もあります。ロンドンも大都市ですが、その風景に高速道路はありません。
  それから、東京の()()(てつ)の、とても(こま)かい、くもの()のようなネットワークにもおどろきました。地下鉄の改札(かいさつ)も、おもしろいです。ロンドンでは、人が(とお)るたびに、改札が(ひら)く、()まるを()(かえ)します。でも、日本の改札はいつも開いていて、切符(きっぷ)を入れないで通るときだけ改札が閉まります。これを見たとき、私は、日本人はなんでもシンプルに便利(べんり)にするためによく考えているなあと思いました。

  6.JPG  もう一つ、私は日本の(ぶん)(がく)浮世絵(うきよえ)興味(きょうみ)があるので、東京の神保(じんぼう)(ちょう)古本屋(ふるほんや)に行きました。古本屋の本には、日本の(たましい)と言える考えがたくさんあります。残念(ざんねん)ですが、本屋の(まど)からちらりと見るだけで、店の中に入りませんでした。でも、京都の(きん)(かく)()に行ったとき、その考えに(いっ)()近づいたでしょう。どうでしょうか。一つ、(たし)かなのは、いつでも、どこでも、日本の(かた)の、お()()(あん)(ない)、おもてなしを感じたことです。
    この二週間の(たい)(ざい)のおかげで、日本の大都市、文化について、もっとよくわかるようになりました。

ドュジャキエ ロラン(ベルギー)

 

 

7.jpg  私はモンゴルのアナルです。
  今日まで、時間はめっちゃはやく()ぎました。今、このホールに私のはじめての日本での思い出を一緒(いっしょ)に作った人々が、そろっています。私は日本での短い(あいだ)に、みなさんにいろいろお世話(せわ)になってしまいましたが、私もみんなのために何かできたのかなぁと思っています。(まあ、(じつ)はみんなのために何かできたのではないかと期待(きたい)しているけど。)

  2週間って、日本のことを知るのには、やっぱり足りないです。(けん)(しゅう)旅行で行った東京も京都も2日だけでした。ホームビジットと小学校(ほう)(もん)も一緒です。 でも、ホームビジットの1日でまだ経験したことがない日本の文化が経験できました。お父さんとお母さんとおもしろい話をしたり、(あそ)んだり、版画(はんが)をしたり、だんじり博物館(はくぶつかん)を見たりしました。その博物館を見た後、だんじりに参加(さんか)したいなと思うようになりました。

  小学校では、チームワークが一番(だい)()だと言う考え方を1年生のころから教えていて、それから、小学生たちの役目(やくめ)が、学年が上がれば上がるほどすごく高くなっていたのは、とても印象的(いんしょうてき)でした。でも、これより心に(のこ)っているのは、やっぱり子どもの(じゅん)(すい)さと笑顔(えがお)です。

elementary 89.jpg

  最後(さいご)に、ホームビジットで私たちを(あたた)かく(むか)えてくださったホストファミリーのみなさま、小学校訪問でお世話になった先生方と小学生のみなさん、()(だい)()、ゆかた、書道(しょどう)(あい)()柔術(じゅうじゅつ)などの文化体験でお世話になった先生方に(かん)(しゃ)(もう)()げます。そして、この2週間、私たちの家族となってくれた(かん)西(さい)(こく)(さい)センターのみなさま、いろいろお世話になりました。私たち23人は ずっとセンターにいたいですが、国に帰らなければなりません。でも、(ぜっ)(たい)に日本にまた来ますから()っていてください。

  どうも、ありがとうございました。

ビャムバドルジ アナル(モンゴル)

bunka taiken.jpg

  

  本研修の実施にあたっては、泉佐野市立中央小学校をはじめとする様々な機関からご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

 12.JPG

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。