研修参加者レポート

日本語学習者訪日研修(大学生/春季)


 

平成25年度 日本語学習者訪日研修(大学生/春季)

研修期間:2013年5月7日-6月20日

マニ(インド)

スバーシニ(スリランカ)

ナー(ミャンマー)

モヒト(インド)

 

プログラムについて:

この6週間のプログラムには中国、カンボジア、タイ、ミャンマー、インド、スリランカ、アゼルバイジャン、スロベニア、ルーマニア、ロシアとケニアから来た32名が参加しました。クラスは日本理解とディスカッション、スピーチ、インタビュー、日本語バラエティなどがあり、日本語でたくさん話したり、いろいろな新しい表現を勉強したりすることができました。

この他に、着付け、書道、華道、和太鼓、合気道、茶道などの文化体験や研修旅行(奈良、京都、和歌山)などもありました。奈良や京都では有名なお寺と神社をたくさん見ました。また、泉南市立信達小学校や大阪御売市場、人と防災未来センターにも行くことができました。

それから、立命館大学、武庫川女子大学の大学生や地域の方々と交流して、インタビューをしました。そして、インタビューで分かったことを発表する機会もありました。

このプログラムでは、日本語の勉強だけでなく、文化体験や研修旅行、交流会などいろいろな体験ができました。

 

日本語授業

日本語研修プログラムには、交流活動や文化社会体験のほかに、4つの日本語授業があります。日本理解とディスカッション、スピーチ、インタビュー、日本語バラエティです。

日本理解とディスカッションのクラスでは、日本の伝統や教育、環境などのテーマについて自国と比べながら話しました。そこで、日本社会だけではなく様々な国のことも学ぶことができました。また、日本社会に関係があるテーマに関して、自国や他国と比較することで、より深く日本や日本人が理解できるようになりました。

インタビューのクラスでは、インタビューに必要な表現を勉強したり、大学生や地域の方にインタビューした後で情報を分析したりしました。最後に、発表会の時、グループで協力して、インタビューの結果を発表しました。

スピーチの授業では、基本的な発表の表現を学んでスピーチ原稿を作りました。1回目は大学生活についてのスピーチを発表しました。2回目は自国紹介のスピーチをしました。

日本語バラエティのクラスでは、日本人の実際の生活で使われる若者言葉や関西弁やオノマトペなどを学習しました。インタビュー、ホームビジット、交流会の時に日本人が話している関西弁や若者言葉が分かって楽しさを感じました。

これらの4つの日本語授業のほかに、学習相談、教材紹介、2週間の学習の振り返りもありました。この6週間の日本語授業のおかげで会話力を伸ばして、自信を持って発言できるようになりました。

 

交流会

6週間の研修の間に、交流会は4つありました。まずは、小学校訪問です。私たちは自分の国のことを紹介するため、ポスターを作りました。そして、小学生たちにそのポスターを見せて説明しました。そのあと、みんなといっしょに昼ごはんを食べました。自分の国のことを紹介することができてとても楽しかったです。

次は大学生との交流会です。2つの大学へ行って大学生にインタビューしました。2回目のとき、インタビューのあとで研修生3人がスピーチ発表しました。発表した人にとっては日本人の前で自国紹介のスピーチをすることができて、とてもいい経験になったと思います。

最後は地域の方々とのインタビュー交流会です。年配の方々から、若者とは違う意見をたくさん聞くことができました。そして、私たちの質問に対してやさしく話してくださいました。

勉強だけでなく、日本人と話すチャンスがあって本当にいい経験になりました。

 

13SG-1.jpg13SG-2.jpg

 

 

文化体験

6週間の研修の中で、6つの文化体験(合気道、書道、茶道、着付け、和太鼓、生け花)がありました。このうち自分がしたいものを3つ体験することができました。私は合気道、和太鼓、ゆかたを体験しました。自分の身の守り方や和太鼓のたたき方、ゆかたの着方を教えてもらったり、実際に体験したりすることができて、忘れられない思い出になりました。

13SG-3.jpg13SG-4.jpg

 

これからの研修生へのアドバイス 

この研修は長いので、日本へ来る前にいくつか注意したらいいと思う点があります。

まず、この研修では小学校訪問やホームビジットがあるので、自分の国の文化などを紹介するものを持ってきたほうがいいです。そしてこの6週間いろいろなところを見学する機会があるので、小さいかばんと薬を持って来てください。日本でも、病院や薬局がありますが、持って来ておいたほうが安心です。

また、このプログラムではスピーチを書いたり発表したりするので、自分のパソコンがあったら、ぜひ持って来てください。がんばってください。

 

 

本研修の実施にあたっては、泉南市立信達小学校、立命館大学、武庫川女子大学をはじめ、様々な機関からご協力いただきました。誠にありがとうございました。 



ページの先頭へ