日本語研修

関西国際センターの日本語研修プログラムの参加者は、国籍、母語、学習動機、専門や関心分野などの面で非常に多彩です。そのような参加者の多様なニーズに応えるため、センターは参加者が主体的に学習することを奨励しています。図書館や自習室などを整備するとともに、個別授業により参加者の学習をサポートし、研修の効果を高めています。また、「滞在型」の研修である利点を生かし、参加者が地域住民と交流する機会を提供します。さらに、日本語の授業に、日本の社会・文化に関する講義や、課外活動を有機的に結びつけ、参加者の日本に対するより深い理解を可能にします。


ページの先頭へ