日本語学習者訪日研修(高校生)

初等中等教育で日本語学習者が多い国・地域から、日本語を学習し、優秀な成績を修めている高校生を2週間日本に招へいし、日本語および日本文化・社会への理解を深め、同世代の日本の若者と交流する機会を提供するプログラムです。


研修期間

2週間(2014年度:6月-7月)


対象者

日本語を履修している海外の高校生(2014年度 35名)

※本研修では、国際交流基金海外拠点または在外公館の推薦にもとづき、参加者を選考します。対象国・地域は、初等中等教育における日本語学習者数をもとに、関西国際センターが毎年、決定しています。


研修内容

日本語・日本社会・文化への理解を深め、また帰国後の日本語学習に役立つよう、以下のようなプログラムを行います。

  1. 日本語・日本事情クラス
    若者事情、地理・旅行ガイド、アニメ・マンガの日本語、交流会準備、発表会準備、日本語学習ウェブサイト紹介など
  2. 研修旅行・交流プログラム
    大学生、地域の方々との交流会、小学校訪問など
  3. 文化・社会体験
    高校訪問、日本の高校生との交流会、東京・広島・京都旅行、ホームステイ、大阪オリエンテーリングなど
  4. 文化体験プログラム
    書道、茶道、華道、着付け(浴衣)、和太鼓、合気柔術など

研修日程例(2014年度の場合)

研修日程例(2014年度).pdf(61.9KB)


研修参加者レポート

2014年度


ページの先頭へ