ブログ

「まるごと日本語オンラインコースA2-3, A2-4」のスペイン語版自習コースを開講しました! - ニュース

日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp 以下、「みなと」)において開講している「まるごと日本語オンラインコースA2-3, A2-4」の解説言語にスペイン語が新たに追加されました。

本コースは、日本語と日本文化をまるごと学びたいという人におすすめの「みなと」のメインコースです。インタラクティブなeラーニング教材で、コミュニケーションのための日本語(聞く、話す、読む、書く)を総合的に学ぶことができます。

A2-3,4スペイン語キャプチャまとめ.png

コースについての詳細は、以下の各ページをご覧ください。

まるごとA2-3(かつどう・りかい)自習コース
まるごとA2-4(かつどう・りかい)自習コース

コースの受講登録は、こちら

5月6日のシャトルバス運行時刻変更のお知らせ - ニュース

2019年5月6日は国際交流基金職員採用試験の実施に伴い、シャトルバスの運行時刻が変更になりますので、ご注意ください。

シャトルバス時刻表(2019年5月6日).pdf (PDF66.0KB)

国際交流基金 関西国際センター 日本語教育専門員/任期付日本語教育専門員募集のお知らせ(締切:2019年7月1日) - ニュース

国際交流基金 関西国際センター 日本語教育専門員募集について
https://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/kc_190701_1.html

国際交流基金 関西国際センター 任期付日本語教育専門員募集について
https://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/kc_190701_2.html

採用情報
https://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/index.html

国際交流基金 関西国際センター 事務系嘱託募集のお知らせ(締切:2019年5月7日) - ニュース

ウェブサイト「まるごと+(まるごとプラス)入門(A1)」をリニューアルしました! - ニュース

「まるごと+(まるごとプラス)」は、JF日本語教育スタンダードに基づく日本語コースブック『まるごと 日本のことばと文化』の内容に沿って、日本語や日本文化を学ぶことができるウェブサイトです。この度、入門(A1)サイトをリニューアルし、スマートフォンでもご利用いただけるようになりました。

https://a1.marugotoweb.jp/

入門(A1)サイトには、「やってみよう」「ぶんぽう」「かんじ」「せいかつとぶんか」「ひらがな」「カタカナ」「イントロダクション」の7つのコンテンツがあります。動画などを使って楽しく『まるごと』のCan-do達成を目標とした練習をしたり、『まるごと』で習ったひらがなやカタカナ、文法、漢字を確認、練習したりできます。また、『まるごと』の「生活と文化」で扱っている日本の日常的な生活や文化、社会について、動画を通して知ることもできます。

無題.png

サイトは日本語版、英語版、スペイン語版があります。より使いやすくなった入門(A1)サイトをぜひご活用ください。

=====

「まるごと+」シリーズ https://marugotoweb.jp

・入門(A1)サイト  https://a1.marugotoweb.jp(日本語・英語・スペイン語)

・初級1(A2)サイト https://a2.marugotoweb.jp(日本語・英語・インドネシア語(「せいかつとぶんか」のみ))

・初級2(A2)サイト https://a2-2.marugotoweb.jp (日本語・英語)

・まるごとのことば http://words.marugotoweb.jp(英語・スペイン語・タイ語・インドネシア語・ベトナム語・フランス語 *初級2(A2)の例文の訳は、英語のみ)

国際交流基金 関西国際センター 教育系嘱託募集のお知らせ(締切:2019年4月12日) - ニュース

参議院 国際経済・外交に関する調査会の皆様が関西国際センターを視察されました! - ニュース

2月20日(水)、参議院 国際経済・外交に関する調査会より水落 敏栄会長、小野田 紀美理事、堀井 巌理事、丸山和也理事、古賀 之士理事、牧山 ひろえ理事、三浦 信祐理事、石井 苗子理事、武田 良介理事、伊波 洋一委員の10名が当センターを訪問されました。

関西国際空港から到着された議員の皆様は、国際交流基金理事の櫻井 友行と当センター副所長の金井 篤からの施設概要や事業についての説明を受けられた後、図書館、食堂、宿泊室などの施設を視察されました。視察中は研修生が日々利用している施設を実際にご覧になり、研修生の日常生活の一端を感じていただくことができました。

視察の様子

施設の視察に続いて、当センターホールで平成30年度専門日本語研修(外交官・公務員)の参加者32名との意見交換会を実施しました。意見交換会では、3つのグループに分かれて研修生の日本での研修参加の動機や、日本語の学習、少子高齢化や外国人材の受け入れといった日本が抱えている課題などについての意見交換が行われ、和やかな雰囲気の中交流することができました。

意見交換会の様子

参加した研修生は意見交換会終了後も議員の方々と名刺交換したり、お話したりする姿が見られ、このたびの出会いをとても喜んでいる様子が伺えました。

意見交換会集合写真

当センターまでお越しいただいた国際経済・外交に関する調査会の皆様、視察実現にあたりご協力くださった参議院事務局の皆様におかれましては、このたびの大変貴重かつ有意義な機会をいただきましたことに、厚く御礼申し上げます。

国際交流基金関西国際センター日本語教育専門員/任期付日本語教育専門員募集のお知らせ(締切:2019年1月31日) - ニュース

「JFにほんごeラーニング みなと」が第15回日本e-Learning大賞「eIJ Global賞」を受賞しました! - ニュース

国際交流基金が開発、運用している日本語学習のためのプラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」(https://minato-jf.jp/ 以下、「みなと」)は、2018年11月15日、一般社団法人e-Learning Initiative Japanが主催する第15回日本e-Learning 大賞にて「eIJ Global賞」を受賞しました。日本e-Learning大賞は、eラーニングを活用した優れたコンテンツやサービス、ソリューションを表彰する賞です。

KCHP画像.png

「みなと」は、世界でも他に類を見ない、日本語学習に特化したeラーニング・プラットフォームで、様々なタイプ・レベルのオンラインコースで日本語が学べるだけでなく、コミュニティ機能を通じて世界の仲間と交流することもできます(詳細はこちら)。

「みなと」の利用者は、2018年11月初旬に5万人を超え、180か国・地域から登録されています。これは、日本語教育機関調査(国際交流基金・2015年)で日本語教育の実施が確認できている137か国・地域を大幅に上回る数であり、政情不安なイラクやシリアといった国、通学型の学習が非常に難しい辺境地や都市部から離れた地域も含まれます。ユーザーのうち、「みなと」で初めて日本語を学んだ人が全体の約6割を占めていることと重ね合わせると、従来の対面型・通学型の講座ではアプローチできなかった人々への学習機会の提供に成功しているといえます。

今回、「みなと」がeIJ Global賞をいただけたのは、様々な制約から日本語学習機会を得られなかった多くの人々に機会を提供することで、日本語人材の育成や、日本の友人を増やすことに貢献してきた点が評価されたものと考えます。これからも引き続き、「みなと」を通して日本と世界をつなぐ場を提供していきます。

●「JFにほんごeラーニング みなと」:http://minato-jf.jp/

第21回ふれあい交流祭りを開催しました! - ニュース

11月23日(金・祝)、関西国際センター研修生支援協議会との共催で、今年で21回目を迎える「ふれあい交流祭り」を開催いたしました。

午後1時に関西国際センターホールで開会式が行われた後、田尻町嘉祥寺青年団による、威勢のいいだんじり囃子が披露され、研修生や来場者の皆さんは普段なかなか間近で見られないお囃子をそれぞれに楽しみ、「ふれあい交流祭り」が華やかに始まりました。

1-1.png

今年も、多くのゆるキャラに来場いただきました。参加いただいた田尻町の「たじりっち」、泉佐野市の「消し玉君」、阪南市の「はなてぃー」、泉南市の「泉南熊寺郎」、岬町の「みさきーちょ」、南泉州観光キャンペーン推進協議会の「なすびん」の紹介がおこなわれ、「ふれあい交流祭り」の間、中庭などで子どもたちが駆け寄って握手をしたり、写真撮影する来場者の方の姿も見られました。

ゆるキャラ紹介に続いて研修生が各国の民族衣装を着てレッドカーペットを歩く恒例のファッションショー「田尻コレクション」が開催されました。研修生が登場するたびに会場から大きな声援が沸き、研修生に各国の「こんにちは!」などを披露してもらうと観客の皆さんも応えてくださり、今年も大いに盛り上がりました。

2-1.png

センター内の教室や中庭では、支援協議会各団体による様々な催しが行なわれました。居合道、茶道、書道、着付けといった日本の伝統芸能の体験から、お手玉作り、工作、折り紙、ヨーヨー釣りなどの遊びや泉州検定紹介が行われました。また、大阪府国際交流財団によるフィリピン、ベトナム、オーストラリア、エジプトのお国紹介やそれぞれの国の遊び等の体験教室がホールで開催され、来場者の皆様が興味深そうに耳を傾けたり、楽しそうに過ごしている様子が見られました。

3-1.png

研修生が運営する自国紹介ブースにも、多くの方にお越しいただきました。国旗や地図、工芸品などの自国の品々を並べたり、音楽や動画を流したり、なかには国の飲み物や試食品を配るなど、自分の国を知ってもらえるよう工夫をこらしたブースを作っていました。 日々学習に励んでいる日本語を使って地域の方とお話しできてよかった!という声や自分の国を紹介できるいい機会となってうれしかったという声も聞かれました。

4-1.png5-1.png

今年も、当日の開催のために、長い時間をかけてご準備・実施してくださった関西国際センター研修生支援協議会関係者の皆様、誠にありがとうございました。ご来場いただいた皆様にも楽しんでいただけたとしましたら幸いです。

トップへ戻る